親知らず・智歯   

2015年 06月 30日

 早いもので今日で6月も終わります。朝から気温は低めです。
さて、小生には上下共親知らずがあります。いずれこれが悪さをし、ゆくゆくは抜歯しなければならないと思っておりました。加齢と共に、親知らずの歯茎が退化し、膿がたまり化膿しやすくなるのでしょう。
そんななか、今日、従兄弟の歯科医から神戸西市民病院の口腔外科を紹介してもらい受診して来ました。
すぐに抜歯してくれるのかと思っておりましたが、親知らずが神経に密接しており、後日入院して抜歯することになりました。さらに、詳しく先生がお話してくださいましたが、手術後、神経麻痺が起こる可能性があると説明がありました。
仕方がないなあと正直思ったことであります。何しろ口の中ですから。
主治医の先生にお任せするしかありません。
悪く考えず素直に親知らずを抜歯していただきたいと思います。
手術後の痛み・神経麻痺になったとしても決して後悔はいたしません。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2015-06-30 22:26 | 住職日記

<< 文月      平成27年度 順照寺 キッズサンガ >>