生きるとは生かされること   

2015年 05月 03日

 今日は憲法記念日です。憲法護憲・改憲のいろんな人の意見を聴き、私は憲法に対してどうかと考える日ではないでしょうか。
人生はよく荒野であると例えられます。坂東玉三郎さんのお言葉ですが、「荒野で誰と出遇うかによって人生は大きく変わります」と言われています。また、違う仕事の人と出会うことも大切であります。小生にとってロータリークラブはまさにそういう場であります。
佛教には、「自利利他」という教えがあります。そこには、謙虚さと反省があり、感謝の意・心がなければなりません。つまり、我を見つめ直し、「ごめんなさい」という気持ちを忘れぬことが大切なのです。
人は一人で生きているのではありません。一人では何も出来ないのです。
他のお陰さまによって生かされているのです。
つまり、「生きるとは=生かされていることに気づき感謝することである」と思うのです。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2015-05-03 22:08 | 住職日記

<< みどりの日      新緑 >>