通院と観劇   

2015年 02月 19日

 小生、ひと月に1回定期的に内科・耳鼻科に通院しております。
内科はご近所の個人医院、耳鼻科は西市民病院にかかっています。
今日は、耳鼻科を受診しました。前もって予約をしていただいているので、待ち時間は丁度休憩時と思い、苦にはなりません。
主治医の先生にはいつも親切・丁寧に診てくださり感謝しております。
夕方からは、有縁の方がチケットをご用立てくださり、大阪松竹座・四代目中村鴈治郎襲名披露・二月大歌舞伎を観賞して参りました。
いつも思うことですが、とにかく大阪は人が多いということです。
今、旧正月の春節にあたり、中国をはじめ東南アジアから団体で観光・買い物に来ておられるのが目立ちました。
さて、歌舞伎は日本が世界に誇れる伝統芸能であります。お能や浄瑠璃と共に日本の三大国劇と云われています。歌舞伎は四百年以上の歴史があります。
その、代々伝わる襲名披露に出遭えるとは大変有り難いご縁であります。
今回の出演俳優は、坂田藤十郎・市川猿之助・中村壱太郎他です。
演目は、曽根崎心中・連獅子・義経千本桜という何度観ても感動するものばかりでした。
特に、市川猿之助の四の切、ラスト宙乗りは圧巻で感動は最高潮となりました。
歌舞伎は観れば観るほど、その善さが増して参ります。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝
d0184114_854933.jpg

by junshoji | 2015-02-19 21:51 | 住職日記

<< 例会と懇親会      ガラケーとスマホ >>