御正忌・震災法要   

2015年 01月 11日

 本日、午後1時半より、宗祖・親鸞聖人御正忌法要並びに阪神・淡路大震災物故者追悼法要を有縁の方々とともにお勤めしました。
まず、真宗宗歌・讃歌を唱和し、正信偈草譜をお勤めいたしました。
その後、坊守と衆徒が日頃感じていることをお話しました。
そして、小生・住職も約一時間ほど、親鸞聖人御正忌にあたり親鸞聖人ご出世のご苦労を感じながら、あの阪神・淡路大震災20周年にあたるこの年、今一度、あの大震災は小生にとって何だったのか。改めて考えさせていただく貴重なご縁をいただきました。
時代はどんどん変化していますが、どんなに時代が変わったとしても、変わらぬ南无阿弥陀佛のみ教えはあり続けるでしょう。
ご参拝くださった有縁の皆さんご苦労さまでした。
ありがとうございました。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

※順照寺ホームページには当日の写真もアップしております。
 こちらも併せてご覧下さい。
↓↓↓
http://www.junshoji.jp/h27/20150111-2

by junshoji | 2015-01-11 21:04 | 住職日記

<< 成人の日      法要前日準備 >>