辞職   

2014年 07月 12日

 今世界中で話題になっているあの兵庫県議会議員の号泣会見ですが、遅きに失するなか辞職をいたしました。それも何の具体的な説明が一切ないまま、議会も辞職を認めたのです。これで一件落着ではありません。議員一人ひとりの政務活動費は、税金から支出されており、公金なのです。政務活動費不正支出は、まさに公金横領であり、立派な犯罪であります。それと同時に、兵庫県議会の資質・体制が一切問われていません。この期に、全議員の政務活動費をすべて公開しチェックすべきであります。我々有権者は、議員に支払われる公金の使われ方・内容を知る権利があるのです。その判断を即下す権限は議長にあるはずです。辞職した議員が特別な存在でなかったと小生は思っています。有権者は今回の事例を決して忘れてはなりません。次の選挙によって兵庫県議会を変えてゆかなければなりません。レベルの低い兵庫県議会であることがはっきりしました。誠に残念であります。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2014-07-12 20:51 | 住職日記

<< 7月半ば      西幹会 >>