春の彼岸会法要   

2014年 03月 23日

 春めく穏やかな一日でありました。本日午後1時半より、春の彼岸会法要を有縁の方々と共に厳修いたしました。まず、真宗宗歌を唱和して正信偈をお勤めさせていただきました。そして、本日のご講師・福田先生から、俳句についてお話しいただきました。先生の「俳句は楽しむもの」の一言に動かされ、恥ずかしながら小生も一句【心地よく み名を称えて 彼岸かな】五・七・五のリズム感は、日本人としてほのかな安堵感を覚えます。休憩をはさんで桂しん吉の落語です。桂しん吉さんにはもう9年続けて出演していただいております。笑いの渦の中、あっという間に半日が過ぎました。皆さんには、楽しかった・よかったと喜んでもらいました。ご参拝くださいました皆さんありがとうございました。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

※順照寺ホームページには当日の写真もアップしております。
 こちらも併せてご覧下さい。
↓↓↓
http://www.junshoji.jp/h26/20140323

by junshoji | 2014-03-23 21:57 | 住職日記

<< 過去最低      直通 >>