美しき和と合掌   

2014年 02月 17日

 ソチ冬季オリンピックをはじめ、若い人たちが世界で活躍し称賛されています。この度、第64回ベルリン国際映画祭で、山田洋次監督の【小さいおうち】に脇役として出演している新人【黒木華】さん(23歳)が、何と最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞しました。振り袖姿で受賞式に参列した【黒木華】さんは、合掌して感謝の意を表していました。和服・着物を着て合掌している姿は、何とも美しく日本の誇りでもあります。映画の中でも昭和の女性・かっぽう着がよく似合う女性を演じています。つい先日も、STAP細胞を作った【小保方晴子】さんもかっぽう着をまとっており、その姿はとても印象的でした。理科の常識を根底からひっくり返した強き日本の女性です。和服=着物・かっぽう着は、まさに日本の美・美しさの象徴であります。そして、おかげさまと感謝の意を伝える合掌の姿は、最も尊いと云えるでありましょう。【黒木華】さんの益々のご活躍を強く念じます。おめでとうございました。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝
d0184114_17133382.jpg

by junshoji | 2014-02-17 17:12 | 住職日記

<< 体力      大雪の影響大 >>