葉月   

2013年 08月 01日

 お盆の月・8月に入りました。今日も猛烈な暑さの一日でした。蒸し暑く、気温は40度近くまで上がっていました。京都の花街・祇園では、小雨のなか、感謝の気持ちを伝える「八朔」がありました。これも京都の伝統的な行事の一つであります。そんななか、この暑い時期に、またまた、政治家の問題発言がありました。麻生太郎副総理兼財務大臣が、憲法改正をめぐり、ナチス政権を引き合いに学んだらどうかと云う発言を公の場でしました。到底理解できるものではありません。何とも口の軽い政治家であります。発言を撤回しましたが、決して忘れることはないでしょう。これが、アメリカやドイツであれば、即辞任することになるはずです。最近の日本の政治家は、発する言葉があまりにも軽過ぎます。政治家一人ひとりが、今一度大いに自省すべき時であります。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2013-08-01 19:17 | 住職日記

<< 臨時国会      猛暑の7月 >>