隕石落下   

2013年 02月 16日

 私たちが生きているこの世・娑婆の世界では、いつ何時どんな災難が、この私に降りかかってくるかも知れません。こうしたなかで、ロシアに直径17メートル・質量1万トンと推測される隕石が上空で爆発し、その衝撃波により広範囲に渡って建物の屋根・窓ガラスを破損させて、多くの負傷者がでました。携帯カメラや車載ドライブレコーダーがとらえた隕石が落下する映像が、YouTubeに多数投稿されました。まさにその瞬間の映像は、戦争か特撮映画のワンシーンの様相でした。もし、大都会に落下してたらと思うとぞっとします。このような小惑星どおしが衝突した破片が、年間数千から何と1万個も地上に落下しているそうです。これだけ科学技術が発達しているのに、監視・予測はできなかったのか。小さい隕石はなかなか見つけられないそうです。隕石落下は、地球の環境さえ変えてしまいます。何が起こるかわからない世の中。常に「備え」と「覚悟」を常備することが必要不可欠であります。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2013-02-16 22:47 | 住職日記

<< あらゆる命      チョコレート >>