あれから1年7カ月   

2012年 10月 11日

 あの東日本大震災から1年7カ月の今日現在、大震災・大津波で亡くなられた方々は15871人。そして、行方不明の方々はいまだに2778人おられます。テレビ・マスコミ等々において、東日本大震災・被災地の現状を報道することは、日ごとに少なくなっています。特に、関西以西はそのことを強く感じます。しかしながら、東日本大震災・被災地の状況は決してよくなってはおらず、福島県第一原子力発電所事故をはじめとして、復興への灯火さえ見えていない地域もあります。小生はそれを肌で感じてきました。被災地の方々はじっと耐えておられ、先の見えない生活を必死で生きておられます。今一度、国をあげて被災地の復興を大がかりに支援すべきです。復興予算が有効に使われていません。復興予算が、被災地とまったく関係ないところで多額に使われています。臨時国会は開かれる動きすらありません。野田総理・政権与党民主党は何を考え、今何をしようとしているのか。観えてきません。【東日本大震災・被災地の復興なくして日本再生は有り得ない】。このことを日本再建の灯火とすべきであります。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2012-10-11 17:29 | 住職日記

<< ノーベル医学生理学賞      東日本大震災被災地研修2日目 >>