祈念日   

2012年 05月 06日

 ゴールデンウイーク・大型連休も今日が最終日です。連休中は、どこも人がいっぱいで、お金もたくさん使うなど何はともあれ、連休お疲れのことと思います。さて日本に50基ある原子力発電所のなかで、唯一稼動中だった北海道電力・泊原子力発電所3号機が、定期点検のため予定通り停止しました。これで、日本国内にある原子力発電所がすべて止まったことになります。すなわち、原発ゼロになったのです。全原発が止まる・停止するのは、実に1970年以来42年ぶりのことであります。しかしながら、原発ゼロと云っても現に動いていないだけであって、原子力発電所は存在しており、無くなる・廃炉ではないのです。これから夏に向けて、本格的に電力不足になることでしょう。やむを得ないことです。しかしそんな状況下でも、賢明な日本国民は、今後世界の見本になれるような節電対策=実施が行われることでしょう。原子力発電所はもう必要ないのです。福島第一原子力発電所の甚大で悲惨な事故を教えとして、今一度真摯に受け止めるべきです。この日を境に、子や孫にこれ以上大きなツケを遺さないよう、原子力発電所が無くなる・廃炉になる祈念日になればと願わずにはおれません。

by junshoji | 2012-05-06 16:41 | 住職日記

<< 予測は困難      こどもの日 >>