脚下照顧   

2011年 08月 14日

 何か時間に追われ、自分自身を見失いそうになる時があります。脚下照顧とは、自分自身をしっかり見よという意味です。現状だけを見るのではなく、足元をしっかり見なさいという教えが、お盆参りをさせていただきながら、身にしみることであります。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2011-08-14 20:07 | 住職日記

<< 終戦・敗戦の日      感謝 >>