長寿と寿命   

2011年 06月 13日

 人間は何歳まで生きることができるのでしょうか。昨日NHKのテレビで、人間・動物に備わっている長寿の遺伝子にスイッチが入ると、百歳まで元気で 生きられるという番組を放送しておりました。どうすれば百歳まで生きることができるのか。それはカロリー制限だそうです。カロリーの摂取を抑えると、長寿の遺伝子にスイッチが入り、その酵素によって細胞のミトコンドリアが増えて活発になり、免疫細胞も正常に働き、ガンになりにくくなるそうです。つまり粗食がいいと云うことです。昔から腹八分目とよく云ったもので、これこそが長寿の秘訣だったのです。もともと人間は飢え・飢餓にはある程度耐えられるように、長い進化の過程で、細胞の遺伝子にそのことが組み込まれているのです。しかし、現代の日本のような飽食・食べ過ぎには、人間=細胞は耐えられないのです。すなわち飽食・食べ過ぎが、寿命を縮めているのかも知れません。脂肪が身体に蓄積されるのは、飢え・飢餓がいつ来ても対処できるよう、脂肪=エネルギーを貯蔵しているのです。それでもいくら長寿と云っても、命には必ず寿命があります。寿命は進化の過程で得た、我々の遺伝子の選択でした。自らの命をコピーすることなく、命を引き継ぎ伝える遺伝子によって、進化の道を獲得できたのです。それぞれ人間の寿命はいつなのか、それも遺伝子に刻み込まれているのでしょう。命は不可思議なものです。尊い命を大切にしなければなりません。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2011-06-13 16:11 | 住職日記

<< 国民投票      大国中国 >>