大義名分のない行動   

2011年 06月 03日

 自民党・公明党が提出した内閣不信任決議案は、結局民主党の多数反対で否決されました。鳩山由紀夫前総理との密約のうえに、菅総理が東日本大震災の復興の目処がつけば退陣するとか、辞めないとか。曖昧な言葉だけが飛び交っています。当初小沢一郎元代表は内閣不信任案に賛成するはずだったのが本会議を欠席。また小沢グループは一人を除き反対へ。まあほんとにここまで、国民をバカにした愚弄な茶番劇は、情けなさを通り越し、ただあ然とするばかりです。日本国の危機・国難に内閣不信任案を出す自民党・公明党の行動もまったく理解できません。それ以上に民主党は、国民を無視した幼稚な大義名分のない国会議員の集まりであることが、はっきりとしました。東日本大震災の被災地の方々のお気持ちを考えると、かわいそうで、身が縮こまりそうになります。この日本のゴタゴタ劇を世界は、冷たい目で見ていることでしょう。つい先日サミットで偉そうにこれからのエネルギー政策について語り、9月に訪米する等々あれは何だったのか。ますます信用できない日本になってしまいました。日本は一部の国会議員のためにあるのではありません。今日本は確実に、底に沈みかけています。こんな体たらくな国会議員を選んだ私達国民にも、重大な責任があります。日本再生。何とかしなければなりません。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2011-06-03 14:14 | 住職日記

<< 孤独      党首討論と内閣不信任案 >>