思い込み=妄想   

2011年 05月 08日

 人は悩みます。悩みのない人はおりません。人の悩みとは、自分の思い通りにならないということではないでしょうか。人は誰しも自己中心的に物事を考えることによって、悩むのです。恥ずかしながら小生もその一人ですが、こうなって欲しい。ああなって欲しいという思いから次第に思い込みになってしまい、その思い込みによって思い通りにならないことに悩み、妄想となって表れてくるのです。妄想ばかりを持ち続け行動できなくなるのです。何もせずにして善い結果がでるはずがありません。そして次第に妄想は嘘へと繋がり、現実を認識出来ない、物事を正しく見ることが難しくなってしまいます。人は弱いものです。常に何かを求め続けなければ生きて行けないのです。ではどうすれば善いのか。小生も含め私達はどうしても、結果ばかりを求めますが、求めるばかりではなく、何故悩み続けるのか自己に問うてみることです。そうすれば、悩み続ける私は、私そのままで生きていくしかないんだと気付くはずです。人はみんな悩んで成長していくのです。あるがままに物事を受け止めながら、前に進んで行くのです。前に立ちはだかった壁のような悩みから逃げることなく、全力でぶつかって行けばいいのです。ぶつかって疲れたら休めばいいし、しばらく寄り道してもいいのです。赤塚不二夫さんの漫画に「これでいいのだ。」と言うのがありましたが、小生は「何とかなるさ。」と自分に言い聞かせています。「これでいいのだ。」「何とかなるさ。」と声に出せば、少し勇気が湧いて来るはずです。結果は自ずと善い方向に向くはずです。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2011-05-08 16:13 | 住職日記

<< 決断・英断とメッセージ      原子力発電所停止 >>