春のお彼岸の入り   

2019年 03月 19日

 3月も早いもので、昨日から春のお彼岸の入りとなりました。
暑さ寒さも彼岸まで。これから一気に気温が上がり、お彼岸の中日・春分の日ごろには、桜の開花宣言もあるようです。
このお彼岸は、この私の命を見つめ直す時期でもあります。あらゆる命の犠牲の上に、我が命が生かされていることに感謝しましょう。
そして、いずれこの世の我が命が終わる時、佛さまとして生まれお浄土に迎え入れてくださる阿弥陀如来さまに深く感謝いたしましょう。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_21155878.jpeg

# by junshoji | 2019-03-19 21:15 | 住職日記

7年ぶり   

2019年 03月 18日

 日本で開催されるアメリカ・大リーグの今季開幕戦・マリナーズ対アスレチック戦が、20日・21日に東京ドームで開催されます。
その前に、昨日、東京ドームで大リーグとの親善試合が行われました。
今晩も親善試合があります。
その試合に、日本で何と7年ぶりにあのイチローが、姿を見せました。
イチローはもう45歳にもなります。しかしながら、その体型は、年齢を感じさせません。
イチローはまだ現役です。
日本の誇り=イチロー。
開幕戦も目が離せません。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_19593984.jpeg

# by junshoji | 2019-03-18 19:58 | 住職日記

必ず人は死ぬ   

2019年 03月 17日

 ある本にこんな言葉が出ていました。
それは、お寺の法要でお坊さんが、「あなたは必ず死にます」。という言葉を聴いていましたが、何か他人事であまり関心がなかった。心が動かなかったそうです。
ある時病院で、主治医の先生に、「このままではあなたは死にます」。と言われて頭の中が真っ白になったそうであります。
『死』という言葉を頭では理解・知っているのと、私の命の現実として受け止める事実とは違いがあるのです。
これは、法話をする側・僧侶にも大いに責任があります。『生』と『死』を伝える言葉に限界があり、伝わっていないのです。
『生』と『死』を単なる言葉や知識として、聴く側に伝えてしまっているのではないでしょうか。
それは伝える側・僧侶の意識が、結局他人事のように言ってしまっているのです。これでは、伝わるはずがありません。
『必ず人は死ぬ』=『私も必ず死ぬ』からこそ、『佛さま=阿弥陀如来さまの救わずにはおれないという願い』があるのです。常に『死』を前にして、生かされている『命』だと気付いてゆく人生でなければならないと思います。
そこに『感謝』が生じてくるのです。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_07362505.jpeg

# by junshoji | 2019-03-17 21:34 | 住職日記

住みたい街   

2019年 03月 16日

 昨今、人口減少社会と言われています。我が神戸市須磨区でも、年々人口が減り続けています。このまま続けば須磨区は消滅してしまうかも知れません。
そんななか、ある新聞に『住みたい街・関西第1位』という記事が掲載されていました。
それは、7年連続で、『西宮北口』でした。何度か小生も行ったことがありましたが、駅前には、直結して演芸ホールやショッピングモール等があります。駅前徒歩5分以内に、すべてのものが揃っていると言っても過言ではありません。
交通の便も非常に便利で、大阪までは阪急電車で約15分ほどです。
ショッピングモールには、巨大な駐車場が完備されており、買い物もゆっくりできます。
これらが住みたい街ナンバーワンの第一の理由・秘訣でありましょう。
我が須磨区も、魅力ある街であると思っています。海・山がすぐ近くにあり、環境は抜群です。ただ交通の便・便利さは、西宮北口にはかないません。大阪へのアクセスがより近く感じる交通網が急務ではないでしょうか。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_20444015.jpeg

# by junshoji | 2019-03-16 20:44 | 住職日記

県立こども病院訪問   

2019年 03月 15日

 本日午後一時半より、県立こども病院で、神戸西ロータリークラブ主催「こどもふれあいプロジェクト」と題して、神戸西ロータリークラブが支援している啓明学院インターアクトクラブ・生徒会・YWCA部の生徒たちが、県立こども病院内の二階講堂・会議室におきまして、こどもたちを励ますイベントを開催しました。
県立こども病院に入院されている患者さん・こどもさんたちに、元気・笑顔いっぱいに紙芝居や歌を披露してくれました。
皆さん楽しかったと喜んでいただきました。
この時期、生徒さんにとっては、学期末ということで大変お忙しいところですが、県立こども病院側の都合に合わせてくださいました。
啓明学院の皆さんお疲れさまでした。
ありがとうございました。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_20000291.jpeg
d0184114_20002608.jpeg
d0184114_20004701.jpeg
d0184114_20010032.jpeg
d0184114_20011853.jpeg

# by junshoji | 2019-03-15 19:59 | 住職日記