数値   

2018年 11月 12日

 私たちは、数値によって判断されることが多いように思います。
例えば、健康診断では一定のラインを決めて、それ以下なら良いとか、それ以上はダメと言われてしまいます。
入学試験なら、点数をいくら取るかで進路が決まるのです。
人はなんでもついついランク付けしてしまうのです。
しかしながら、人には個人差があって、一概に決めつけるのはどうかと思う時があります。
数値だけではわからない・判断できないこともあると思います。
その人の善いところを探し見抜いてゆくことが大切ではないでしょうか。
人はみな善し悪しがあるのです。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_19350390.jpeg

# by junshoji | 2018-11-12 19:33 | 住職日記

命の繋がり   

2018年 11月 11日

 あの東日本大地震から早いもので7年8カ月となりました。震災をこれからどう伝えてゆくか。被害を受けた建物が今次々と解体されています。
さて近頃、「ご法事をお寺の本堂でお勤めしてほしい」。というご家庭が増えて来ました。
そんななか、今日、96歳のご主人を筆頭に、幼い子供さんまで、ご家族総出でお参りくださり、故人の七回忌のご法事を勤めました。
小さなお子さまも、最初から最後まで、私・住職のあげるお経を心静かに聴いてくれました。
お焼香の時も、親御さんと手を繋いで、お香を焚いて、両手を合わせ、合掌していました。その姿は、美しく、微笑ましく感じました。
「今は亡き故人が、この世にご出生されていなければ、皆さんと出遇うこともなかったでしょう。そう思うと、我が命の繋がりに感謝してください」。とお話しさせていただきました。
幼い子供さんの合掌している姿は、そのことを教えてくださっています。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_22095834.jpeg

# by junshoji | 2018-11-11 22:08 | 住職日記

年忌法要   

2018年 11月 10日

 故人が亡くなられて一年目が一周忌です。次に二年目が三回忌にあたります。
最近、葬儀を執り行っても、後々のご法事を勤める方が少ないと聞いております。
法事とは、今は亡きお方を偲びながら、ご法事に参列された方々のこの世の無事を確認し合える場でもあります。
今年、平成最後の年・平成30年は、地震頻発・台風上陸・40℃を超える長い夏日・豪雨等々。災害発生が最も多い年でもありました。
よくよく考えてみれば、この私がこれまで無事に過ごして来れたということは、まさに奇跡であります。そのことに、まず感謝すべきではないでしょうか。
命日・故人がお浄土へ参られた日を迎え、我が命の繋がり・ご縁を改めて知らされる時でもあります。
今日、午前中に、坊守の実家・丹波篠山で、義母の三回忌のご法事のご縁がありました。
丹波篠山では、ご法事の後にお墓参りが必ずあります。そして、ご住職を囲んで会食です。
ご法事のご縁によって、日頃お会いすることもないご親戚の方々にもお会いすることができました。
善きご縁=ご法事に出遇えることは、とても幸せなことなのです。
善きご縁=感謝でございます。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_20550999.jpeg

# by junshoji | 2018-11-10 20:54 | 住職日記

創立記念   

2018年 11月 09日

 毎週金曜日は、午後12時半より、神戸西ロータリークラブの例会が開かれています。
今日は、創立記念日ということで、夕方に、いつもの例会場所、ホテル・オークラから移動して、すぐ近くのホテル ラ・スィートで移動例会を行いました。
いつもの例会場とは雰囲気が変わり、何よりも料理の味が違いました。
たまには、違う場所で例会を開催するのもいいものだと感じました。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_20420687.jpeg
d0184114_20422474.jpeg
d0184114_20424329.jpeg

# by junshoji | 2018-11-09 20:41 | 住職日記

中間選挙   

2018年 11月 08日

 アメリカ合衆国で4年に一度行われる中間選挙の結果が出ました。
投票率が前回の選挙より上がり、50%を超えました。特に若い世代・女性の投票率が高かったそうです。
結果は、上院では、共和党が議席を伸ばしました。しかしながら、下院では、民主党が、都市部や郊外で票を伸ばして、何と8年ぶりに過半数を奪還しました。民主党は、女性議員が多数当選し、中には、最年少・29歳の女性議員が誕生しています。全米をよく見ると、共和党は、以前地方・農村部では強いという結果となりました。
アメリカ合衆国の民主主義はよくできていると思います。トランプ・アメリカ大統領の過激な発言が目立ちますが、振り子のように極端に右寄りに振られると、元に戻そうという力が働くのです。これが今回の選挙結果だったでしょう。
アメリカ合衆国・議会は、上下院で多数派が異なり、言わば、ねじれ議会となりますが、共和党はトランプ大統領がトップ・顔ですが、正直、民主党はトランプ大統領に変わる実力のある指導者・政治家はいないように思います。
アメリカ合衆国も今さまざまな難問を山積しています。
これから2年間、トランプ・アメリカ大統領はどのような政策を実施してゆくのか。言動は変わるのか。変わらないのか。2年後、トランプ・アメリカ大統領の再選はあるのか。
世界に一番影響を与えるアメリカ合衆国。
日本も眼が離せません。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_20465212.jpeg

# by junshoji | 2018-11-08 20:45 | 住職日記