世界は日本をどう見ているか   

2011年 04月 09日

 桜が各地で満開になり、穏やかな季節になりつつあります。東日本大震災の被災地では、お花見という気分にはなれないでしょうが、この時期になれば桜は例年のように花を咲かせます。今日本におられる外国の方々は、日増しに日本を離れて行く人が増えてきています。トップリーダーである菅総理の日本再生・再建ビジョンのメッセージが発せられていないのが原因です。関西においても、大阪城公園、大阪難波では例年ならこの時期多いはずの、中国の方々の団体観光の姿は見なくなりました。京都、神戸も例外ではありません。海外から見れば、東日本、西日本という区別はなく日本全土に、福島第一原子力発電所事故の放射能汚染が、広がっているように思われているのでしょう。それは日本政府の発表する言葉が信用されていないことのあらわれです。日本人ですら、発表される言葉、数値に不安を感じているのですから仕方ありません。日本再生・再建に向けて、福島第一原子力発電所事故の事態収束や、いずれまた起こるかもしれない巨大地震の再来等々、最悪の事態を熟慮し日本、世界に向けて強いメッセージを1日も早く発するべきです。このままでは日本は世界の孤島になってしまいます。菅総理、今あなたは何を考え、どう行動しようとしているのですか。今国難の船を舵取りできるのは、あなた菅総理です。国民は待っています。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

# by junshoji | 2011-04-09 15:24 | 住職日記

花まつり   

2011年 04月 08日

 今日4月8日は、お釈迦様のお誕生日、花まつりです。お釈迦様のお誕生日を祝う神戸祝賀市民大会が、例年通り神戸文化ホールで開催されました。昼から雨が降り出し、参加者が少なめでしたが、小生も式衆として出勤させていただきました。お釈迦さまは今からもう2500年以上前に、インドでお生まれになり、この世において悟りを得て佛さまとなられました。そのみ教えはインドから中国、朝鮮半島を経て日本に伝わりました。聖徳太子さまは、佛法、佛さまのみ教えを日本全土に広めようと政治にも取り入れられ、そのお陰により、今日の私達にも伝えられているのです。世間では、花まつりと言っても、あまりご存知でない方が多いことですが、佛教徒にとっては、とても大切な行事であることは言うまでもありません。今日はお釈迦さまがご出世されたことに感謝し、お釈迦さまのお誕生をお祝いしましょう。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

# by junshoji | 2011-04-08 16:35 | 住職日記

智恵は幅広く集める   

2011年 04月 07日

 東日本大震災によって日本再生・再建ビジョンを1日も早く確立することが急務です。菅総理は復興構想会議という組織を立ち上げました。そのメンバーには、名がよく知れた建築家や大学教授が候補にあがっていますが、小生が思うに、宗教者や哲学者をまず筆頭にメンバーに入れるべきです。机上の形だけの復興構想を考えてもダメです。復興理念となる精神面が最も大切です。東日本から日本全土を変えていく、今までの物欲だけに頼らないライフスタイルを変えていく、人を育てる教育を大切にしていく等々、柱となる大きな目標、ビジョンがなければ、本当の復興とは言えません。欧米では、非常事態には必ず宗教者や哲学者の意見を取り入れています。小生の意見が、ブログを通して伝わることを願い、念じます。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

# by junshoji | 2011-04-07 12:05 | 住職日記

謙虚に生きる   

2011年 04月 06日

 ここ2、3日、日中は暖かくなりました。しかし朝晩は、まだ肌寒く、日中との温度差が体調を崩す原因にもなります。東日本大震災で被災された方々は避難所での生活、嘸(さぞ)お辛いことでしょう。灯火のない暮らしは、苦痛そのものです。この度の大震災は、人間の作った物が、如何にいい加減で、またあてにならないものか知らされたことです。想定外とは言え世界一の防波堤、原子力発電所も、もろいものでした。この世に生きている以上、どうしようもないことは必ずあります。だからこそ日ごろから謙虚に生き、人間の作った物は、必ずいつかは崩れることを忘れてはなりません。人間の欲望はとどまることはありませんが、「これではいけないな」という私達一人ひとりが自省すべきです。どうしようもないとき、佛さまの大悲のお心をいただきましょう。ナモアミダブツと声に出たとき、それが佛さまのお心が届いた証です。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

# by junshoji | 2011-04-06 12:26 | 住職日記

母なる海を汚染することは大きな罪   

2011年 04月 05日

 とうとう福島第一原子力発電所は、放射能で汚染された水を、海へ放出し始めました。事態は相当深刻です。報道では、汚染度は低いとは言っていますが、どの程度なのか、実際には誰にもわかってはいないのではないかと思われます。それよりも、たとえ低い汚染度であっても、影響が少なからずあるのは当然です。これから将来食物連鎖等によって、私達よりもこれからの若い世代に、悪影響が出てくることが心配です。私達の勝手な作り物によって、命の源である海を汚染することは、大変罪深いことです。今ある他の原子力発電所においても、同じ事態になるかもしれません。自然の災害は私達の考える、想像以上に大きな力を持っているのですから。そうなれば小さい狭い日本は壊滅してしまいます。もうこれ以上汚染を広げないよう、自然環境を壊さないよう国民総出で、対処すべきではないでしょうか。1日も早く大胆に放射能汚染を封じ込める作戦をたて実戦すべきです。今日本人の勇気ある行動が試されるときです。人間の作った物は、如何にもろいものか。この事故を機に、人間のおごりたかぶり、欲望の愚かさ、恐ろしさをを一人ひとりが自覚し、謙虚になりましょう。このことを日本再生・再建ビジョンにも明記すべきです。将来子や孫たちの善き日を願って。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

# by junshoji | 2011-04-05 16:35 | 住職日記