カンファレンス   

2017年 12月 06日

 今日も寒い一日でした。叔母がリハビリ病院に入院してはやひと月近くになります。日々リハビリに勤しんでいます。もともと叔母は世話焼きで面倒見がいいのですが、自身が世話になるとついつい甘えて愚痴が出てまいります。何故自分だけがこうなってしまったのかと自己嫌悪におちいりやすいタイプとも言えます。
叔母は人一倍寂しがりやなのです。
そんななか、午後2時過ぎから主治医の先生並びに看護師・理学療法士さんらとのカンファレンスがありました。叔母と坊守と小生も同席してそれぞれの立場で現状をご丁寧にお話しくださいました。一生懸命真剣に叔母をサポートしてくださっていることに感謝・感動しました。
今日一様来年退院の日も決まり、また元のように叔母一人で暮らせるようにと目標を持つことができました。良い環境の元でリハビリに専念できることでしょう。有り難い善きご縁に感謝申しあげます。ありがとうございます。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝
d0184114_20552838.jpeg

# by junshoji | 2017-12-06 20:54 | 住職日記

冬将軍の到来   

2017年 12月 05日

 今日は今年一番の寒さとなりました。まさに冬将軍の到来です。風は冷たく朝から気温はほとんど上がっていません。家にいてもとにかく足が冷えます。
そんななか、午後1時半からは、今年最後の佛教婦人会の例会が開催されました。年々超高齢者により会員が減少傾向にありますが、皆さん寒いなかお寺・本堂にお参りくださいました。
お念佛・南无阿弥陀佛の声を伝えましょう。この気持ちを忘れず元気な姿で来年の再会を誓い合いました。
婦人会の皆さん今年もいろいろお世話になりました。ありがとうございました。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝
d0184114_21143694.jpeg

# by junshoji | 2017-12-05 21:13 | 住職日記

忘年会   

2017年 12月 04日

 今宵は先輩に誘われ忘年会に参加しました。小さなお好み焼き店を貸し切っての忘年会でした。思い起こせば、若い頃は12月と言えば、連日のように忘年会がありましたが、ここ数年親しい仲間以外、忘年会のお誘いはありませんでした。それだけ景気の良し悪しだけではなく、世の中が変わったということです。
兎にも角にも、忘年会は楽しく明日の活力になります。皆さんありがとうございました。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝
d0184114_08120668.jpeg

# by junshoji | 2017-12-04 22:10 | 住職日記

お寺の今後   

2017年 12月 03日

 法要の度に思うことですが、年々参拝者が少なくなっています。参拝者の中には高齢者の方も多く、ケガをして寝たきりになったり、病気になって来れなくなったという理由があります。
それに加えて、次の世代・お若い方々の参拝者がなかなか増えないことです。お寺に参るという習慣が若い人たちに引き継がれていない・伝えられていないのです。これでは、毎回毎回の法要の度に参拝者が減るのも無理がありません。
この現実はまさにお寺の危機状態であります。
今何とかしなければ、いずれ参拝者がいない・法要が勤められないということになりかねません。
何故、このようなことになってしまったのか。これすべてお寺・住職の責任であり、結果なのです。まったくお恥ずかしい現状であります。
1年後・5年後いや10年後には、お寺はどうなっているのか。
昔は、誰も口に出さずとも、『お寺の法要にお参りするのはご門徒の義務である』と、自然に身についていたのです。
それは、正しくお念佛・作法が伝わっていた証です。
住職自ら危機感を持って、お寺本来の意味・役目を真剣に考えて、行動すべきではないかと自身に言い聞かせております。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝
d0184114_21015077.jpeg

# by junshoji | 2017-12-03 21:00 | 住職日記

青年布教使大会   

2017年 12月 02日

 本日午後2時より、神戸西組恒例行事である青年布教使による布教大会が、順照寺本堂で開催されました。これは、布教使になられて5年未満の若手の布教使さんお二人と、ベテラン布教使お一人が、約30分ずつご法話されご聴聞させていただく連続布教大会であります。神戸西組としては5年続けて開催してきました。
最後にご法話されたベテラン布教使さんは、「お寺に参るのはご門徒の義務である」。と強くおっしゃっいました。そして、「私の口から出るお念佛・南无阿弥陀佛は佛さまそのものである」。「南无阿弥陀佛と称えさせられているお念佛であったと気づいてゆくことが大事である」。「手を合わさずともお念佛が声に出る」。「その声・南无阿弥陀佛を私が聴いてゆく」。
改めてああそうやったなあとお聴かせいただきました。
ありがとうございました。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝
d0184114_20170880.jpeg

# by junshoji | 2017-12-02 20:15 | 住職日記