<   2015年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧   

心機一転   

2015年 02月 28日

 早いもので2月も今日で終わりです。
ほんと早く感じました。
明日から弥生・3月です。
卒業・別れの時期でもあります。
小生は、相変わらずと積み重なった宿題がまたまた山積しております。
明日から気分を入れ替えて一つひとつやるしかありません。
毎度ながら、自身の情けなさ・未熟さを痛感しています。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2015-02-28 22:07 | 住職日記

仲間   

2015年 02月 27日

 いつも神戸西ロータリークラブでいろいろご指導いただいております先輩S.A.Aから、たまには食事に行こうよとお誘いを受けました。
有り難いことであります。
今日も例会で司会を担当させていただきましたが、毎回のことながらなかなか完璧にやり終えたことはありません。
その小生をあたたかく見守ってくださっている先輩からのお誘い・お食事はほんと嬉しいものであります。
感謝せずにはおれません。
ありがとうございました。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2015-02-27 22:15 | 住職日記

出遇いと別れ   

2015年 02月 26日

 人生はまさに出遇いと別れの連続であります。
ご縁あって出遇い、別れもご縁によって別れてゆかなければなりません。
小生は、「ご縁はすべて、佛さま・阿弥陀如来さまからいただいた善きもの」と受け止めるよう努力しています。
私にとって思い通りでないご縁を、悪いご縁と云ってはいけないと思っています。
出遇いも別れも、これからのより善いご縁へのステップであるのです。
前向きに生きている私を、佛さま・阿弥陀如来さまは、温かく見守ってくださっておられます。
その証が、お念佛の声となって発せられます。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2015-02-26 21:22 | 住職日記

黄砂   

2015年 02月 25日

 昼間どんよりと曇り空となっていましたが、これは黄砂の影響だそうです。
黄砂は、中国大陸の内陸部にあるタクラマカン砂漠・ゴビ砂漠等の砂が、風によって数千メートルの高度まで巻き上げられ、偏西風に乗って日本まで飛来しているのです。
近年の黄砂は、単なる自然現象ではなく、森林伐採による減少や砂漠化等が原因で、これは人為的な要因によるものだそうです。
しばらく黄砂飛来は続きます。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2015-02-25 22:48 | 住職日記

県内最高齢   

2015年 02月 24日

 現代はまさに超長寿社会と云えるのではないでしょうか。
兵庫県内の最高齢であった女性が昨日亡くなられたそうであります。
1902年・明治35年生まれの何と112歳でありました。
巷では、健康年齢とかQOL(クオリティオブライフ)といった言葉が氾濫しています。
そして、それに伴い健康食品がよく売れているようです。
兵庫県内には、111歳の女性がおられるそうです。この方が県内最高齢となりました。
人の寿命はこれからもどこまで伸びるのか。
兎にも角にも、超高齢化はこれからしばらく続きそうであります。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2015-02-24 22:07 | 住職日記

悲報   

2015年 02月 23日

 春一番と思われるほど時折風が吹き、昨日よりも暖かく感じます。
これから寒暖の差が激しくなる時期であります。
そんななか、先日、大阪松竹座で中村鴈治郎さんの襲名披露を観賞して参りましたが、歌舞伎界にまた、悲報がありました。
十代目坂東三津五郎さんが、膵臓ガンで亡くなられました。まだ、59歳であります。
同い年・50代の故中村勘三郎さんに続いての悲しい報せであります。
最近、膵臓ガンになってという話がよく聞かれます。
昨年亡くなられた総代さんもそのお一人でした。
なかなか初期の発見が難しく、わかってからは手遅れというのが多いそうであります。
人は、寿命を迎えたら死んでゆかなければなりません。
ガンになるということは、老いたということではないでしょうか。
歌舞伎界にとってはさみしくなりますが、これから益々若手が育って、活躍し、歌舞伎を盛り上げるご縁となればと思うことであります。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2015-02-23 22:37 | 住職日記

笑顔の力   

2015年 02月 22日

 冬間の暖かい1日となりました。
夕方から本格的に雨が降り出しましたが、湿気が多く、寒くは感じませんでした。
さて、一番の健康法は、常に笑顔で過ごすことであります。
笑顔は、佛教では、和顔施と言い、お布施のひとつであると説かれています。
小生の周りにも笑顔の素敵な方がおられますが、自然に人が集まって来ています。
笑顔は、人を幸せにするパワーが秘められています。だからこそ、人は幸せを求めて素敵な笑顔に寄り添いたいと思うのです。
鏡の前に自身の笑顔を作るだけで、その日を穏やかに過ごすことができるでありましょう。
笑顔=幸せ=健康になれるのです。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2015-02-22 20:23 | 住職日記

布教大会   

2015年 02月 21日

 穏やかな日和となりました。。
さて、神戸西組(須磨区・長田区の浄土真宗の寺院の集まり)が主催する布教大会が、午後1時半より須磨区のお寺で盛大に行われました。
これは、年一回、若手の布教使お2人とベテランの布教使の先生3人が連続して布教・法話をしていただきます。
それぞれ違った個性のある先生方に、お念佛・南无阿弥陀佛のありがたさをお話くださいました。
私たちは、親に育てられ、今、阿弥陀如来さま・佛さまにお育ていただいているのです。
その証がお念佛の声であります。
私の口から出るお念佛・南无阿弥陀佛は、必ず救う・任せよとの呼びかけであります。
そして、お育ていただいている我が身に気づかされるのです。
ご参拝くださった皆さんご苦労さまでした。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2015-02-21 20:58 | 住職日記

例会と懇親会   

2015年 02月 20日

 2月も気がつけば20日となりました。
2月は逃げると云われるぐらい早く感じる月であります。
そんななか、いつも通り神戸西ロータリークラブの例会がありました。
最近、毎週のように副SAAとして、会長さん、幹事さん方に並んで司会やマニュアル記入、ニコニコ報告を僭越ながらさせていただいております。
何事も経験が大事であると思いながら、失敗多々あるなか、勉強・経験させていただいていることに感謝せずにはおれません。
そして、夕刻より、久しぶりに、有志が集まり、日頃からお世話になっている先生のお誕生会を兼ねて懇親会が開かれました。
日頃云えない愚痴に近いこと等々も親しい仲間と本音で語り合うことができました。
皆さんありがとうございました。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2015-02-20 21:48 | 住職日記

通院と観劇   

2015年 02月 19日

 小生、ひと月に1回定期的に内科・耳鼻科に通院しております。
内科はご近所の個人医院、耳鼻科は西市民病院にかかっています。
今日は、耳鼻科を受診しました。前もって予約をしていただいているので、待ち時間は丁度休憩時と思い、苦にはなりません。
主治医の先生にはいつも親切・丁寧に診てくださり感謝しております。
夕方からは、有縁の方がチケットをご用立てくださり、大阪松竹座・四代目中村鴈治郎襲名披露・二月大歌舞伎を観賞して参りました。
いつも思うことですが、とにかく大阪は人が多いということです。
今、旧正月の春節にあたり、中国をはじめ東南アジアから団体で観光・買い物に来ておられるのが目立ちました。
さて、歌舞伎は日本が世界に誇れる伝統芸能であります。お能や浄瑠璃と共に日本の三大国劇と云われています。歌舞伎は四百年以上の歴史があります。
その、代々伝わる襲名披露に出遭えるとは大変有り難いご縁であります。
今回の出演俳優は、坂田藤十郎・市川猿之助・中村壱太郎他です。
演目は、曽根崎心中・連獅子・義経千本桜という何度観ても感動するものばかりでした。
特に、市川猿之助の四の切、ラスト宙乗りは圧巻で感動は最高潮となりました。
歌舞伎は観れば観るほど、その善さが増して参ります。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝
d0184114_854933.jpg

by junshoji | 2015-02-19 21:51 | 住職日記