<   2012年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧   

感謝の大みそか   

2012年 12月 31日

 2012・平成24年も早いもので大みそかを迎えました。あっと云う間の一年でした。まわりの方々にいろいろとご迷惑・ご心配をおかけしながら、平穏に過ごさせていただきました。これひとえに、有縁の方々のお陰であります。深く厚く御礼申しあげます。小生にとって大みそかは、今一度、阿弥陀如来さまとあらゆるご縁に感謝申しあげる日であります。自己中心的で身勝手な小生を、常にお守りくださり、お育ていただいたことに、素直に「ありがとうございました」と感謝申しあげたいのです。また、なんの取り留めのないブログを毎日読んでくださった方々、誠にありがとうございました。何卒、来年も変わらずご指導・ご鞭撻を賜りますよう謹んでお願い申しあげます。皆さんにとって、2013・平成25年が益々善き御年になりますよう一心に念じ申しあげます。ありがとうございました。
合掌 南无阿弥陀佛  善本秀樹拝

by junshoji | 2012-12-31 19:13 | 住職日記

今年もあと一日   

2012年 12月 30日

 字の如く、走るように12月・師走が過ぎ去ろうとしています。今日は朝から一日中雨が降り続きました。今年もあと一日であります。なかなかやり残した宿題が思うように消化できませんでした。気だけが焦っているだけで、身体が動きません。いつもこの時期になると、もっと早くしておけばよかったと後悔・ため息ばかりです。皆平等に与えられた貴重な時間を無駄にはしていないかと、反省・言い訳ばかりしてしまう、我が身の愚かさを感じずにはおれません。お恥ずかしい限りであります。とにもかくにも、今年もあと一日であります。感謝の気持ちを忘れず、穏やかに過ごしたいと思います。
合掌 南无阿弥陀佛  善本秀樹拝

by junshoji | 2012-12-30 22:25 | 住職日記

史上最高齢記録並ぶ   

2012年 12月 29日

 小生も気が付けば、今年でもう53歳になります。気は若くても、年々体力の衰えを日々感じるようになりました。初老であります。そんなことを感じるなかで、先日、京都府京丹後市在住の木村次郎右衛門さんが、何と、115歳と252日を迎えて、男性の史上最高齢・最長寿記録として、ギネスブックに認定されました。デンマークにも同じ記録の方がおられるそうです。明治30年生まれであります。木村次郎右衛門さんの笑顔を拝すれば、何か幸せな気持ちにさせてもらえます。長寿の秘訣は、よく云われる「腹八分目」に尽きるようです。そして、「規則正しい生活」です。木村次郎右衛門さんの一言ひとことが、教えとなって響き・届いてきます。簡単なようで、ほとんどの方々が、なかなか出来ない・実行できないのが現状です。よくよく考えてみれば、「普通に生活する」ことが、一番身体に善いのではないでしょうか。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2012-12-29 22:40 | 住職日記

バットを置く=引退   

2012年 12月 28日

 HIDEKI・MATUI=巨人、大リーグ等で大活躍した松井秀喜外野手が、現役を引退すると発表しました。大リーグで10年・巨人時代を含めると20年目でありました。ジェントルマンであり、常にチームのために貢献し続けた一流選手でありました。思い出せば、、1992年の全国高校野球選手権大会で、5打席連続して敬遠された時も、感情的にもならず「敬遠も作戦の一つである」と冷静に答えていた表情は、まさに紳士そのものでした。現役引退は苦渋の選択だったはずです。しかし、悔いはなかったでしょう。長嶋茂雄・元巨人監督のコメントが印象的でした。「現代で最高のホームランバッターだった」。誰しもうなずける、HIDEKI・MATUIへ贈る最高の称賛のお言葉であります。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2012-12-28 21:57 | 住職日記

本葬   

2012年 12月 27日

 先日、57歳で亡くなられた歌舞伎俳優・中村勘三郎さんの本葬が、東京・浄土真宗本願寺派の築地本願寺で盛大に執り行われました。ファン・関係者合わせて、1万2千人が参列し、別れを惜しんだそうです。故中村勘三郎さんは、浄土真宗のご門徒であり、法名は、「演暢院釋明鏡」です。院号法名には、勘三郎さんの人柄がよく顕されています。歌舞伎を身近に鑑賞できるように尽力し、鮮やかで明るく綺麗な演技は、歌舞伎の魅力を倍増させました。小生も、中村勘三郎さんがいたからこそ、歌舞伎が大好き人間になれたのです。勘三郎さんの功績は計り知れません。これから、ご子息であられる、勘九郎さん・七之助さんの活躍に大いに期待します。遺影の合掌しておられる勘三郎さんの写真は、日本人らしく尊い・美くしい姿であることを静かに教えてくださっています。今一度、謹んで哀悼の意を表します。勘三郎さんありがとうございました。

by junshoji | 2012-12-27 22:30 | 住職日記

お寺の役目   

2012年 12月 26日

 お寺は全国に約7万ヶ寺以上あると言われています。我々のご先祖さんが、後世にお寺を残そうとご尽力くださったお陰であります。悲しきかな現代は、なかなかお寺に日頃ご縁のない方が多く見受けられます。そんななか、ある調査によると、自死・自殺率が最も低い県が、奈良県であると公表されました。奈良県内の約6割の寺院・神社・教会が、さまざまな相談を受け付ける窓口を設けているそうです。その結果、自死・自殺率が極端に低いそうです。特に、「奈良の自殺者は大仏さんが止めている」と言われています。つまり、お寺の存在自体が奈良は大きいのです。お寺と出遭って、自死・自殺をとどまった人が多かったのです。奈良は、それほどお寺が身近な存在であるのでしょう。すばらしいことであります。神戸も見習うべきであります。小生も微力ながら「命のよりどころとしてのお寺」のネットワーク・環境造りに汗をかきたいと思うことであります。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2012-12-26 23:30 | 住職日記

明と暗   

2012年 12月 25日

 今日も寒い一日となりました。先の衆議院・総選挙で惨敗した・解党的危機の民主党の代表選挙が行われました。新しい代表は、海江田万里氏が選ばれました。正直なところ、何故、今・海江田万里氏なのかよくわかりません。まったく新鮮な感じがしないのです。もう民主党議員は、元気がでないのでしょう。今のところ失礼ながら、民主党の再生はありえません。それに比べて次期政権の自民党は活気づいています。明日の特別国会で、第96代首相に安倍晋三総裁が選出されます。それを前に、早々に人事・組閣を固めています。暗の民主党。そして、明の自民党であります。これが、国民の選択でありました。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2012-12-25 22:03 | 住職日記

寒波   

2012年 12月 24日

 寒い1日となりました。連休最後の日は、早々に帰られた方々が多かったようでした。世間では、今夜はクリスマスイブですが、今年は大型ケーキが飛ぶように売れたそうです。ケーキ屋さんは一番忙しい時期であります。小生は、相も変わらず世間とは縁遠く、こつこつとやり残した宿題を片付けています。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2012-12-24 22:05 | 住職日記

寒波襲来   

2012年 12月 23日

 お天気の予報通り、夕方から急激に冷えてきました。明日の朝は一段と冷え込むことでしょう。今年もあと1週間です。三宮・元町近辺は、年末・クリスマスの連休ということで、車と人があふれていました。しかしながら、昔のように、お買い物をして袋いっぱいに手荷物を抱えて歩いている人は、少ないように見受けられました。やはり、世間は未だ不景気であることを肌で感じます。何かを求めてお出かけしているのでしょうか。年の瀬は動かずにはおれないのでしょう。とにもかくにも、明日は今季一番の冷え込みになります。皆さん体調を崩さないようご自愛ください。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2012-12-23 22:29 | 住職日記

今年最後の連休   

2012年 12月 22日

 明日から世間では、今年最後の連休となります。クリスマスと相重なってお出かけされる方々が多いことでしょう。しかし、この連休はふたたび寒波が襲来するそうです。体調を崩さないようお気をつけください。どうぞご自愛ください。何はともあれ、今年もあと9日です。師走は駆け抜けます。やり残しがないよう時間を大切に使ってゆきたいものです。考えるよりまず行動であります。そこに感動が生じます。終わりよければすべて善しであります。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2012-12-22 23:43 | 住職日記