<   2012年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧   

佛教徒である誇り   

2012年 08月 31日

 早いもので8月も今日で終わりです。昨日は、恥ずかしながら小生の誕生日でした。プレゼントをいただくより、一言「誕生日おめでとう」と言われるのが嬉しい年代になってきました。さて、就職・面談の際、履歴書を書くことでしょう。欧米諸国では、履歴書・プロフィールには、必ず自身の宗教を書くのが当たり前になっています。もし、宗教の書く欄に、日本人に多い無宗教と記載すれば、それだけで面接を断られます。つまりは、無宗教は就職できないと言っても過言ではありません。欧米では、無宗教というのは有り得ないのです。これは云うなれば、世界の常識であります。海外で活躍されている日本人のなかには、日本を離れて初めて宗教の大切さを肌で感じるようになる方がいます。日本にいた頃は気づかなかった【佛教】を自然に意識するようになるのです。日本人は佛教徒であることを、欧米諸国に出て初めて教えられるのです。「私は佛教徒です」と堂々と言える日本人は、必ずや尊敬されることでしょう。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2012-08-31 19:01 | 住職日記

備えあれば憂いなし   

2012年 08月 30日

 今日相も変わらず厳しい残暑でした。野田総理の問責決議案が昨日、参議院本会議で可決されました。たしか、社会保障と消費税増税に関する税の一体改革法案等々を推し進めるべく、与党・民主党、野党・自民党、公明党は三党合意をしていたはずです。それなのに、自民党はおかしなことに、他の少数野党が明記している、消費税増税反対・三党合意を批判する内容に自民党が賛成したのです。小生には、なんとも理解し難い自民党です。いったい何のための三党合意だったのか。単なるパフォーマンスだったのか。体たらく議員の無鉄砲ぶり=極まる保身行動には、はなはだ驚かされます。これから延長国会は、会期末9月8日まで事実上空転します。それまで国会議員たちは、そっちのけで何も仕事をしないのです。悪しきツケはすべて国民に回って来ます。失礼ながら、大いに責任を感じさせるためにも、歳費=国民の税金を全額返納させましょう。そんななか、折しもこの時期に、いずれ必ず起こるであろう、南海トラフ巨大地震の被害想定が発表されました。明日起こるかもしれない大地震に、【常に備えと覚悟】を持ち続けなければなりません。最小限に被害を抑えられるよう、日頃からの【備えあれば憂いなし】の教えが絶対必要不可欠です。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2012-08-30 17:39 | 住職日記

シャープの危機=日本の危機   

2012年 08月 29日

 日本の大手メーカーと云えば、車ではトヨタ自動車・日産自動車・ホンダ・スズキ等々。電気製品では、パナソニック・ソニー・東芝・シャープ等々があげられます。特にシャープは、「世界の亀山モデル」と称し、あのアクオスの液晶テレビは、2006年には売上高が、なんと3兆円を超えていたそうです。まさに世界一の液晶テレビ・シャープでした。しかしながら、それもわずか数年のことで、今では経営そのものが危機に陥っているのです。5千人のリストラ策等を発表しており、そんな状況下において、シャープは、電子機器の受託生産では世界最大手の台湾の企業との資本提携によって再生を狙っています。今やオンリーワンであった日本の最新技術は、新興国にどんどん奪われ・流出しています。この度の台湾企業との資本提携は、シャープの今まで蓄積してきた技術を、根こそぎ持って行かれるのではないかと危惧しています。そして、表看板はシャープであっても、中身は台湾の会社に成り下がってしまうのです。こんにち純粋な日本製のテレビは、シャープとパナソニックだけになり、そのパナソニックでさえ、尼崎市にある最新鋭のプラズマ工場の稼働を休止します。世界に誇れる日本のメーカーは、衰退の一途をたどっているのです。しかし、日本はどん底から這い上がる力・パワーを必ず持っていると切に願い・信じたいものであります。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2012-08-29 18:25 | 住職日記

国会・会期末終盤   

2012年 08月 28日

 政権与党・民主党は衆議院選挙制度を見直す重要法案を、すべての野党が欠席する中で単独採決しました。1日国会を開く度に、約2億円の経費がかかります。これすべて私たちの税金で賄っています。今、民主党と自民党は全面対決中です。何のために、消費税増税関連法案を通したのか。党利党略と云うか与党・民主党をはじめ野党・自民党は結局のところ、自らの選挙のことしか頭にはないのです。国民のための政治なんて、到底云えるものではありません。単独採決をし、問責決議案を提出する。与党・野党共々そんなことをしている場合ではありません。もうこれ以上、先送り・混迷を深めることは決して許されません。1日も早い衆議院解散が、日本を変えるただひとつの選択であります。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2012-08-28 18:56 | 住職日記

衆議院半減   

2012年 08月 27日

 昨日夏休み最後の日曜日、厳しい残暑となりました。沖縄県では、最強の超大型台風15号が上陸・通過しました。そんななか、大阪維新の会を率いる橋下徹大阪市長は、次期総選挙の公約「維新八策」に、衆議院定数半減を盛り込むことを表明しました。なんと、480人の衆議院の定数を240人に半減すると云うのです。また、国会議員の歳費や政党交付金も3割カットすると主張しています。選挙のことしか頭にない現職・国会議員とっては、戦々恐々の心境でありましょう。橋下徹・大阪市長率いる大阪維新の会が、日本を大きく変えてゆくことでしょう。小生は、是非とも実現してほしいと強く願います。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2012-08-27 21:22 | 住職日記

処暑   

2012年 08月 26日

 早朝は爽やかな風が吹いていました。しかしながら、日中は依然として厳しい残暑・蒸し暑い1日でした。カレンダーのうえでは処暑を過ぎましたが、残暑は続きます。夏バテにならないよう、体調管理には十二分に気をつけたいものです。さて沖縄県では、超大型の台風15号が上陸するようです。今年は、台風の当たり年・数多く発生する年かもしれません。今、日本列島は強い高気圧に覆われて暑くなっていますが、これが緩めば、台風は本土寄りのコースをとることになります。また、日本近海の海水の温度が上がっており、それを吸い上げながら成長します。よって超大型台風となり上陸するのです。これから秋にかけて台風には、厳重な備え・警戒が必要不可欠です。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2012-08-26 20:04 | 住職日記

覚悟即行動   

2012年 08月 25日

 延長国会もあと僅かとなりました。9月8日土曜日で会期末です。今、日本は竹島・尖閣諸島の領土問題・外交的には、云わば一番大事な時期であります。与党・野党の曖昧な枠を越えて難題を解決してゆくべきです。なのに、衆議院財務金融委員会で特例公債法案を強行採決したとして、またまた参議院で、首相問責決議案を提出すると自民党は表明しています。今国会で、行政改革関連・衆議院選挙制度改革法案等々、重要な法案をまたもや棚上げ・先送りしようとしているのです。失礼ながら、何故もっと国会議員らしく仕事ができないのか。私利私欲・次期総選挙のことしか頭にない行動としか思えません。昨日、野田総理は急きょ会見を行い、「毅然とした態度で不退転の覚悟で臨む」と主張しました。メッセージとしては、大変立派な力強い言葉だと思います。しかし、言葉だけではなく、メッセージ発信即行動こそが、今一番求められるのです。真に強い言葉は、行動に即表れてきます。そのためにも、国会・議員は一致協力すべきであります。決議案だけでは何の効力もありません。野田総理の親書を送り返された問題も、あやふやにしないためにも、次のステップ・行動を起こすべきだと思います。日本側が、領土問題を解決=韓国・中国を納得させるためにも、リーダーシップをとるべきだと強く願います。今しかない、今がチャンスなのです。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2012-08-25 18:25 | 住職日記

あと一週間の夏休み   

2012年 08月 24日

 お盆明けから一段と厳しい残暑が続いています。いつまでこの暑さが続くのか。そんななか、夏の全国高校野球選手権大会では、史上初めて春の選抜大会となんと同一・同じ組み合わせになった決勝戦は、春の選抜大会優勝の大阪桐蔭高校が、青森の光星学院を3対0で破り、今夏の大会も優勝しました。春・夏の大会連覇は史上7校目だそうです。快挙です。よく頑張ったと思います。熱い夏の甲子園は終わりました。夏休みも、もう早いものであと一週間です。老若男女共々に、夏の疲れがこれ以上蓄積されないよう、無理をせずご自愛ください。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2012-08-24 18:53 | 住職日記

キッズサンガ   

2012年 08月 23日

 順照寺夏休み恒例のキッズサンガを午後5時より開催いたしました。年々参加される子どもたちが増えています。子どもたちは、これから日々成長し大きくなります。いろんなことを学び、人との出会い別れを経験し、楽しいこともあれば、辛くて悲しい・耐え難い出来事に出遭うかもしれません。そんなとき、お父さんやお母さん、また先生にも相談・話を聴いてもらえなければ、そんなときは、お寺に来て欲しいのです。阿弥陀さまに・小生住職に悩みを打ち明けてください。必ず阿弥陀さまが助けてくださいます。そんな想いを子どもたちにお話させていただきました。お寺は、子どもたちにとって最後の逃げ場所・砦でなければなりません。まさに【駆け込み寺】でなければならないのです。しかしながら、悲しきかな今のお寺はその機能を失ってしまいました。今こそ本来の【駆け込み寺】を復活すべきであります。そのことを住職自ら自覚し、子どもたちに広報してゆかなければなりません。そのご縁作りのひとつが、キッズサンガなのです。夕刻の地域の地蔵盆・お地蔵さんも賑わっておりました。詳細・報告は後日ホームページに掲載・アップいたします。子どもたちとご一緒にご参加くださった保護者の方々には、厚く御礼申しあげます。皆さんありがとうございました。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝


※順照寺ホームページには当日の写真もアップしております。
 こちらも併せてご覧下さい。
 ↓↓↓
http://www.junshoji.jp/h24/20120823

by junshoji | 2012-08-23 21:07 | 住職日記

惨劇   

2012年 08月 22日

 内戦の続いているシリアで、取材中の日本人・女性ジャーナリストが銃撃戦で殺害されました。戦争とは、悲しく恐ろしいものです。突然の訃報に、ご家族のご心痛いかばかりかお察し申しあげます。純粋な取材活動を妨害することなど、決して許されることではありません。惨殺が容赦なく繰り返されているシリアであります。シリアは、日本国土の約半分ぐらいの広さで、人口は2500万人ほどだそうです。シリアは一党独裁が、40年以上続いている国です。平和な日本から見れば考えられないことであります。亡くなられた日本人・女性ジャーナリストに、謹んで哀悼の意を表します。今後二度とこのような悲惨な事態が起こらないよう、切に願うばかりです。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2012-08-22 18:47 | 住職日記