<   2012年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧   

うるう(閏)年   

2012年 02月 29日

 早いもので、2月も今日で終わります。今年は4年に一度のうるう年です。なぜ2月に1日を足して29日とするのでしょうか。この月が一番短いから?2月29日にお生まれになった方は、毎年いつ年齢が加算されるのでしょうか。うるう年でない平年は、28日が満了した時点で年齢が加算され、年齢計算は法律上の問題・違いはないと辞書には明記されていました。たわいないことながら、浅学非才ゆえいろいろ考察してしまいます。とにもかくにも、夏期オリンピックが開催される年が、うるう年なのです。そして、うるう年で暦と地球の自転のズレを修正しているのです。小生自身もこの期に、あらゆる心身のズレを修正しなければならないと思っています。そのためには、お念佛=南无阿弥陀佛と称えながら、阿弥陀佛=阿弥陀如来さまのお智慧をいただくことが、一番必要で大事なことです。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2012-02-29 18:07 | 住職日記

占い   

2012年 02月 28日

 芸能界のお笑いコンビの一人が、自称占い師と同居しマインドコントロールされたと云う報道がありました。またこの芸能人は、不動産管理会社から、未払いの家賃や更新料等と立ち退きを求める訴訟もおこされています。最近芸能人が洗脳されるという事象が多くなってきています。一見華やかな芸能界ですが、表には出ないその裏には影があり、暗い悩み事が多々あるのでしょう。人気がでればでるほど人は孤独になり、目先だけの不確かなものに、つい頼ってしまうのです。そういう弱い人間に詐欺師はすり寄って来ます。詐欺師は一見にして詐欺師には見えないのです。近頃の詐欺師は、集団で人を騙すことは少なくなり、今回の事件のように宿借り・ヤドカリ的な手法で、洗脳して侵していくのが増えてきました。そもそも占いのほとんどは、何の根拠も持ち合わせていません。つまりはほとんどが嘘・偽りなのです。浄土真宗では、現世祈祷や呪い等は一切行いません。また、決して占い等の俗信・迷信に頼ることはありません。阿弥陀佛・阿弥陀如来さまのお念佛をよりどころとし、南无阿弥陀佛と称えながら我が身を振り返り、ご恩報謝の生活を送ることができるのです。そして南无阿弥陀佛は、何者にも妨げられることはないのです。だがらこそ幸せになれるのです。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2012-02-28 18:59 | 住職日記

損失   

2012年 02月 27日

 ある独立系投資顧問会社が、企業から運用を委託されている企業年金のほとんどを消失しているにもかかわらず、嘘・虚偽の説明をしていたことが先日発覚しました。この投資顧問会社は、なんと2000億円を超える年金資金を企業から受託していました。また、この2000億円のお金が、どうなったのか現状ではわからないそうです。なんとも大きな金額ゆえ、ただただ驚くばかりです。現世はお金・経済中心の世の中です。特に近年は、物を作って売り、利益を上げるだけではなく、お金でお金を生んでゆく金融派生商品が大流行です。しかし、リーマンショックに代表されるように、安定収益を確保し続けるには相当なリスクが伴います。経済中心の社会構造には限界があるのです。このままではいずれ経済システムは破綻することでしょう。それにしても、集められた大金はどのように使われて消えていったのでしょうか。甘い投資話にはくれぐれもご注意を。絶対に儲かるは、必ず嘘があります。これこそが真実です。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2012-02-27 21:08 | 住職日記

パワーの源は聴聞   

2012年 02月 26日

 天気予報どおり、昨日とはうって変わって寒くなりました。聴く・聴聞することは、佛教の沢山ある行の中で一番難しい・厳しい行であると小生は受け止めています。聴くはただ耳で聞くのではなく、全身で聴いてゆくのが聴聞と云えます。最近は、この聴聞するということがあまり言われなくなりました。小生の云う聴聞とは、何も法話・お説教だけに限ったことではありません。今私の前にいる人の話を聴いてゆくのも聴聞なのです。「不可思議なご縁=佛さまのお働き」によって出遭ったお方であります。その人のお話をじっくりと聴くことは、一番の聴聞になるのです。「出遭い=聴聞=今を生きるパワー」に繋がってゆきます。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2012-02-26 21:00 | 住職日記

  

2012年 02月 25日

 朝から雨が時折降っています。しばらく寒さも緩んでいましたが、明日からまた寒くなるそうです。寒さはしばらく続きそうですが、日はだんだんと長くなってきています。そんななか、開花が遅れていた梅の花が、ようやくほころんできました。早咲きの梅は、見頃になっているところもあるそうです。日ごとに春に向かって進んでいることは間違いないようです。日本国全体が混迷・混沌としていますが、今は日本が大きく変わろうとする=日本が善くなる前兆ではないかと思うのです。日本を建て直す時期が来ているのです。「なんとかせなあかん」という気持ちが日本中に広がれば必ず善くなります。今こそ佛さまの願いを聞き入れながら、子や孫の時代が必ず善くなるよう願い・行動する時です。梅を見ながら想うことです。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2012-02-25 19:14 | 住職日記

幼稚=日本衰退   

2012年 02月 24日

 民主党の政調会長・政権与党が記者会見で特定のメディア・新聞社を排除しています。事の発端は、ある新聞社が公務員給与、削減策合意を言うだけ・言うだけ番長であるという新聞記事の見出しでした。この見出し記事・内容に腹を立て、新聞記者の会見場入室を拒否したのです。なんとも幼稚で愚かな行為の民主党・政権与党です。大人気ない行動で議員バッチが泣いています。新聞の見出し記事は、国民の一部の声と素直に受け止めるべきです。国会議員自ら身を削る議員定数削減等々は、またまた先送りされました。言うだけと露呈されるのも一理あるのです。それにしても情けない現在の民主党国会議員です。日本衰退の元凶は、政治家の言動・行動にあると云っても決して過言ではありません。いずれ国民にムチ打たれる時が必ずやって来ます。国民を侮ってはいけません。国民は見ています。他人事ではなく、与野党通じて全国会議員は猛省すべきです。過激な発言をお許しください。日本を善くしたいのです。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2012-02-24 21:02 | 住職日記

一年   

2012年 02月 23日

 昨年ニュージーランド南部のクライストチャーチ付近で発生した大地震から、早いもので一年がたちました。マグニチュード6.3の大地震は、18ヵ国の185人が亡くなり、その内28人が若い男女の日本人でした。クライストチャーチ市において、物故者の追悼式典が行われ日本人の遺族80人も参列しました。私たちはあの東日本大震災一周忌を前にして、ニュージーランド南部大地震があったことを決して忘れてはなりません。犠牲になられた方々に、今一度謹んで哀悼の意を表します。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2012-02-23 21:49 | 住職日記

JIN   

2012年 02月 22日

 常日頃から親しくお付き合いさせていただいている方から是非とも見なさいと、テレビドラマ仁・JINを勧められました。最初は正直言って日本のテレビドラマ・日曜劇場?ほんまにおもしろいんかいな?といった感じでした。しかし、観れば観るほど新鮮でおもしろく、感動のジャパニーズ・テレビドラマです。力作ドラマの復活です。原作は、スーパージャンプに連載された、作者・村上もとかさんの漫画です。さすが世界に誇れる世界共通語の日本漫画です。ほんと感心しました。手塚治虫文化賞漫画大賞を受賞しています。内容は現代の外科医師が、江戸幕末にタイムスリップするという壮大なストーリー展開です。少々マンガチックなところもありますが、脚本・演出の素晴らしさあるがゆえに十分享受できます。ドラマの中で「神は乗り越えられる試練しか与えない」と数多く述べられています。小生が主張している「物事はすべて佛縁によって動かされている」に何がしかの共通性を感じるのですが。寝る時間も惜しんで、これから完結編を観賞してゆく次第です。オススメのDVD=日本のテレビドラマ仁・JINです。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2012-02-22 21:14 | 住職日記

裁判   

2012年 02月 21日

 今から13年前に、凶暴・凶悪犯罪事件が起こりました。世に云われる山口県光市の母子殺害事件です。ようやく昨日、最高裁判所第1小法廷で上告を棄却する判決を言い渡しました。つまり、被告人に死刑が確定したのです。時に私たち人間は、欲望の剥くままに行動することがあります。小生もその一人です。しかしながら、してはいけないと自制心が働くのも私たち人間です。佛法・佛縁に出遭うと自然に、この私の愚かさに気づかされます。これを佛さまの智恵をいただくと言います。佛さまの智恵をいただくと、この私が変わるのです。その時が信心決定したと言えます。被害者・残されたご遺族は、想像絶する辛いお気持ちを抱き続けています。この事件を通して私たち一人一人が、命について学んでゆくことが大切です。決して他人事で済ましてはいけないのです。死刑確定で終わらせてはいけないのです。犠牲になった母子の死を決して無駄にしない生き方をしなければならないのです。今一度、犠牲になった親子に謹んで哀悼の意を表します。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2012-02-21 15:32 | 住職日記

ゴミ   

2012年 02月 20日

 私たちが生活する上において、必ずゴミが出ます。ゴミにもいろんなものがあります。今地球の周りにも宇宙ゴミと云うものがあるそうです。沢山の宇宙ゴミが地球上空に漂っているのです。これすべて私たち・人類が作り、放出したものです。その宇宙ゴミをロボットで掴み取り、大気圏まで運んで燃やそうという壮大な計画があります。NASA・アメリカ航空宇宙局によりますと、地球の周りには人工的な物体が2万個あるそうです。この宇宙ゴミが地球上に燃え尽きず墜ちてきたり、また国際宇宙ステーションにぶつかる可能性も大いにあります。この宇宙ゴミは、今後も増え続けると予想されています。私たち人間の何でも使い捨てる大きなツケが、今大きな危険となって襲って来ているのです。その最も厄介な究極のゴミと言えるのが、原子力発電所から出た使用済み核燃料です。ただゴミを保管するしかないのです。このままでは、将来私たち人間の遺産・生きた証しとなるのは、処理できないゴミだけになるでしょう。今こそゴミを出さないライフスタイルが再考されるべきです。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2012-02-20 16:55 | 住職日記