<   2011年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧   

大晦日=感謝   

2011年 12月 31日

 大晦日です。今年も今日1日で終わりです。毎年のことですが、あっという間の一年でした。この一年いろんな出来事がありました。まず何と云っても、あの東日本大震災は衝撃的でした。大地震・大津波そして、福島第一原子力発電所の事故等々、多くの被害者を出し、広範囲に渡って甚大な被害をもたらしました。また夏には猛暑のなか、台風による記録的な集中豪雨により紀伊半島の十津川流域で、川の氾濫・山崩れ等が発生しました。これらの自然災害・原子力発電所事故のような人災によって、いまだに、被災者の方々が、不自由な生活をおくっておられます。1日も早く普段の生活に戻れるよう願うばかりです。そんななか、今年は悲しいことが多い年でしたが、我が浄土真宗にとっては、宗祖親鸞聖人・50年に一度の750回大遠忌の尊いご縁・佛縁に出遭えたことは、大変有り難いことでありました。今一度、阿弥陀如来さまのおかげにより、生き・生かされている私の命であることに気づかしていただいた大遠忌でした。「世の中安穏なれ」・「佛法広まれ」という宗祖親鸞聖人の御言葉が、あらためて響き渡ります。小生にとっても今年は、公私共に辛いこと・悲しいことが多少ありましたが、この一年何とか無事に過ごせたことを、素直に喜びたいと思います。有縁の方々には、お一人おひとりにご無礼を深くお詫び申しあげます。また善きご縁に、心より感謝申しあげます。ありがとうございました。2012(平成24)年も何卒よろしくお願い申しあげます。皆様に善き御年を迎えられますよう、切に念じております。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2011-12-31 18:12 | 住職日記

年の瀬   

2011年 12月 30日

 今年もあと2日です。何かと慌ただしい時期になりました。世間では、帰省ラッシュもピークです。久しぶりに年末年始を故郷で、ゆっくりと過ごされる方も多いことでしょう。また、正月用の食材等の買い物に、たくさんの方々がお出かけになっています。各地の神社仏閣では、初詣の準備に追われて忙しいことと思います。ともあれ、2011(平成23)年もあと2日。気を緩めず、2012(平成24)年を迎える準備を、整えたいと思います。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2011-12-30 17:17 | 住職日記

出会い   

2011年 12月 29日

 人には生き、生かされている間に、数え切れないほどの出会いがあります。出会いとは是すべてご縁によるものです。今日お昼から、大阪国際大学の三木英先生が、順照寺に来られました。三木先生は宗教社会学の教授であられます。阪神・淡路大震災後のことや、お寺としての取り組み等、また東日本大震災への想い等々をお話させていただきました。三木先生とは初対面にもかかわらず、さほど緊張もなく三木先生のご質問に素直にお答えさせていただいたことであります。小生は見ての通り、書くことも、話すことも得意ではありません。せっかくご来寺いただいたのに、たわいないお話しで終始したことが申し訳なく、反省しきりで残念でした。しかしながら出会いというご縁を頂戴したことは、大変有り難く思っております。人と人との出会いは、私たちの考えが及ばない、不可思議・不思議なご縁であります。これもすべて阿弥陀如来さまの計らい・お働きであると信じています。だからこそ感謝せずにはおれないのです。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2011-12-29 18:40 | 住職日記

ゴタゴタ民主党   

2011年 12月 28日

 野田総理肝いりの消費税増税法案が、肝心の税率の引き上げ率や増税実施時期が明確にならないまま、越年しそうです。増税をめぐって民主党内は、以前より増してゴタゴタしています。もはや民主党はひとつの政権与党ではなく、バラバラ政党です。野田総理の言葉・メッセージには重みがなく、説得力はありません。増税を容認できないと離党する議員もでてきました。離党議員は、ろくに議論もせずただ注目めあての、選挙のことしか頭にないパフォーマンスです。まったく国民不在の消費増税論議です。もっと国民の声を聞き、もっと国民に話かけるべきです。これまでに何度も述べてきたことですが、増税の前にやらなければならないことがあります。まず、国会議員自らの身を削ることです。選挙のためだけの政党交付金(税金による助成金)を受け取らないこと。歳費(報酬・給与)を世間並みに下げること。国会議員の数を思い切って減らすこと(現在の半分位に)。等々。最も大事で必要なことは、野田総理の強いリーダーシップです。小生思うに、将来・子や孫にツケを残さないためには、増税は絶対に必要です。我々の世代が身を粉にし、次の世代に少しでも希望がもてるような日本にしなければなりません。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2011-12-28 16:06 | 住職日記

寄り添う   

2011年 12月 27日

 厳しい寒さが続いています。空気もカラカラです。火事がないよう年末警戒を怠りなく過ごしたいと思います。日本の現状・混沌とした世の中を象徴するように、今年も自死・自殺者が3万人を超えています。3月11日の東日本大震災の影響もあり、また福島第一原子力発電所の事故収束もままならず、日本は今先の見えない・方向性のない現実・様相です。失業率も相変わらず高く、若い人でも定職に就けず、生活保護費を受給されている方が年々増加しています。働きたいのに働けないという生活の意欲を失う環境が広がっています。こういう時代だからこそ、政治がしっかりしてほしいという願いから、政治家に苦言を連日のように発信しているのです。苦しみは寂しさに繋がります。寂しさから孤独を感じるのです。今、孤独だと感じているあなた。決してあなたは一人ではありません。あなたの目で観ることはできないけれど、あなたは感じないかもしれないけれど、常にあなたに寄り添っておられる方がいます、それは、阿弥陀如来さまです。この世は無常です。突然この私の身に何が起こるかもしれない世の中です。だがらこそあなたに寄り添い、守ってくださるのが、阿弥陀如来さまなのです。阿弥陀如来さまを想い、お念佛=南无阿弥陀佛と感じ取ることさえできれば、ご縁となって必ずや善い方向へ導いてくださいます。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2011-12-27 15:35 | 住職日記

刷新   

2011年 12月 26日

 寒波による雪によって、午前中は各地で交通渋滞や新幹線の遅れが出ていました。神戸では、山より北では一部降雪、南でも厳しい寒さですが、幸い雪は降りませんでした。最近政治の話ばかりですが、昨日のNHKの特集番組で、民主党政権のこの2年間の権力争いを、主に元総理二人、元幹事長をはじめ与党・野党の議員たちのインタビュー、証言を交えながら、いかに民主党は未熟で幼稚でバラバラな政党であるかをさらけ出す番組を放送していました。混迷は民主党によってより深まったのです。しかしながら、その責任を負っていません。元総理二人、元幹事長(党員資格停止・公判中)が言葉は悪いですが、のうのうと歳費(報酬)を受け取って議員を続いているのが不思議で信じられません。そして、いまだに自身のためだけに権力を欲しているのです。橋下大阪市長が代表の大阪維新の会では、近々あるであろう衆議院選挙に向けて、国政候補者の養成をおこなう維新塾を立ち上げ、来年早々公募することを決めました。ぜひとも現存の仕事をしない議員たちの与党・野党に代わって、国のシステムを変える・日本の再生を目指す、国民のための政党を作り上げてほしいものです。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2011-12-26 18:41 | 住職日記

寒波   

2011年 12月 25日

 今季一番の寒波襲来です。1日中風も強く、明日はまた一段と寒くなりそうです。今日は今年度最後の日曜日でした。慌ただしく時間におわれた日でしたが、夕方には、尼崎にて熊タオルフェスティバル公演観賞と、小生にとっては充実した1日でした。寒さに負けず、体調を崩さないようお過ごしください。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2011-12-25 20:01 | 住職日記

明と暗   

2011年 12月 24日

 今年もあと一週間です。世間では、クリスマス一色。日本のクリスマスは殆どが宗教的行事とは程遠く、ただメリークリスマスと云う言葉だけで、そこには感謝の一念すらありません。ただ一部のご商売されておられる方々にとっては、大変有り難い季節であることは間違いないでしょう。野田総理は今日、来年度の政府予算案を閣議決定しました。過去最大の96兆6975億円の予算案です。民主党政権になっても超赤字財政は変わらず、国の借金である国債をまた新たに44兆2440億円発行するそうです。何と4年連続で国の借金が、税収を上回る破綻寸前の財政状況です。信じられない数字ですが、2012年度末には借金残高が、1千兆円を超えるそうです。世界一の借金大国日本です。膨らみ続ける社会保障費、年金問題をどうするのか難問は先送りばかりです。そんななか、大阪市は橋下市長の下、あらゆる問題を抜本的に見直し、市政の改革を一気に推し進め、予算のムダの有無を徹底的に洗い直す方針を打ち出し、休日返上で橋下市長自ら活発に動き回ってます。改革には必ず痛みが伴います。その痛みと先送りをしない覚悟を決めて受け入れることが、再生できる唯一無二の方法です。必ずや日本は善くなる。信じて行動する時です。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2011-12-24 17:04 | 住職日記

天皇誕生日   

2011年 12月 23日

 急に寒くなりました。世間では今日から三連休です。学校も冬休みに入り巷では、クリスマス・歳末商戦真っ盛りです。今日はお買い物という人たちがどっと出かけていることでしょう。そんななか、天皇陛下は、78歳の誕生日を迎えられました。今年は11月に気管支肺炎のため入院されたことから、記者会見は行われませんでした。お立場上いろいろとご苦労、またご心痛が多々あろうかと思われます。どうぞご自愛くださいと願うばかりです。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2011-12-23 16:12 | 住職日記

冬至   

2011年 12月 22日

 日の暮れがめっきり早くなりました。今日の日の入りは、4時50分だったそうです。日中が一番短い冬至です。明日ぐらいから寒気が再来し、また一段と寒くなるそうです。本格的な冬はこれからです。ラジオでパーソナリティーが、最近の政治家は体たらく過ぎると吠えておられました。小生も含め政治に関心があることは、大事なことであります。無関心が一番よくないのです。最近愚痴っぽいと反省してはおりますが、政治家は公僕・公人です。私たちが選んだ政治家に、ムチを打つことは当然のことであり、政治家の宿命です。お叱りを受ける覚悟で、そうあってほしいと思うのです。今日も、うん、どうかなと思う報道がありました。それは、来年の3月11日・東日本大震災から1年となる日に、警備上等々の問題からということで、東京で追悼式を行うそうです。どんな理由があるにせよ、何故被災地でしないのか。小生には理解できません。多くの犠牲者が亡くなった被災地で追悼しなければ、追悼という意味合いが薄れてきます。残されたご家族に東京まで来いと言うのですか。この度の東日本大震災で亡くなられた犠牲者の方々を偲び追悼できるのは、被災地しかありません。阪神・淡路大震災を体験した一人として強く思うことです。また復興庁は東京ではなく被災地に置くべきです。東京が支所になればよいと思いますが。被災地で直接被災者の声を聞くべきだと思うのです。もう1つ。大物と云われる党員資格停止また公判中の議員が、選挙のことしか頭にない・考えない議員たちを集めて勉強会を設立し挨拶するなど、これまた小生には理解できません。もっと他にやるべきことがあるのではないかと。日の暮れが早い冬至にいろいろと勝手に思うことであります。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2011-12-22 18:03 | 住職日記