<   2011年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧   

気分一新   

2011年 07月 31日

 7月も今日で終わりです。新潟県・福島県では、記録的な豪雨により、河川が氾濫し、43万人もの住民が避難指示・勧告を受けました。大雨の峠は過ぎたようですが、今後も大雨に対する警戒は必要です。地震もあちこちで発生しています。台風もこれからがシーズンです。私たち人間は自然の中の一部であることが、災害を通して知らされます。自然に逆らうことはできないのです。そんななか、ある国会議員さんが、被災地の知事さんを批判したり、泣きながら答弁したりと、何か国民に甘えていませんかと、言いたくなります。明日から8月です。お盆を迎えます。暑い最中ですが、気分を一新して、精進して参りたいと思います。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2011-07-31 17:43 | 住職日記

先送り政権民主党   

2011年 07月 30日

 東日本大震災の復興基本方針が決定しました。復興にはもちろん、お金がいります。その復興財源は、あらゆる無駄を排して財源を確保すると共に、足りないものは当然、私たち国民が負担しなければなりません。つまり、復興のための増税が、必要不可欠です。しかし民主党政権は、復興増税について、増税の規模やいつから増税を実施するのか、これからのことを何ひとつ決められず、すべて先送りしました。民主党内では、ただただ自らの選挙だけを意識した議員たちの声だけが高まり、復興財源の確保をどうするのか、具体的な案もないまま、増税反対ばかりで、醜い混乱しかありません。まず国会議員自身が身を削るべきです。政党助成金なるものをすべて返納したうえで、国民に復興増税を求めるべきではないでしょうか。次の世代にツケを残さない方策は、増税しかないと小生は考えます。今我々一人ひとりが耐え忍び、日本を復興・再生させるのです。さまざまな問題山積のなか、もうこれ以上の先送りは、決して許されることではありません。現状では菅総理の下では、何も決まらないのです。ただムダな時間だけが過ぎ、被災地の苦しみは増すばかりです。菅総理が今決断すべきことは、若い実行力のある世代に、首相の座を譲ることです。今よりは、きっと物事は進み、政治も少しはよくなるでしょう。このままでは、日本は変わることはできません。菅総理のご決断を待つしかありません。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2011-07-30 17:49 | 住職日記

準備   

2011年 07月 29日

 今月も早いもので、あと2日で7月も終わりです。いよいよ8月は、お盆参りの月です。16日までは、例えようは悪いですが、マラソンのような日々が続きます。そのための案内等の準備を、今月中にしなければならないのですが、小生のいつもの悪い癖は抜けきれず、相も変わらず、重い腰と腕はなかなか動きません。明日から本格的にお盆参りの準備をするつもりです。このつもりが、またくせ者で、もうすでに言い訳の選択を頭のすみで模索しています。いつもながら、自己嫌悪に陥ります。もうあと2日、いやまだ2日ある。今日も暑い1日でした。時間は待ってくれません。恥ずかしながら先送り日本一の男であることに、ブログを書きながら気づいた次第です。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2011-07-29 16:27 | 住職日記

何事もほどほどに   

2011年 07月 28日

 暑い1日でした。とにかくよく汗をかきます。ついついミネラルウォーターをはじめ、水分を多くとってしまいます。特に甘い柑橘系のジュース類には、ついつい手がでてしまい飲み過ぎてしまいます。聞くところによるとがぶ飲みは糖分の摂取過剰になり、急性的に糖尿病になる可能性があるそうです。塩分についても同じことが言え、スポーツドリンク等の大量摂取・がぶ飲みも高血圧症につながるそうです。もともと日本人は塩を日ごろから、平均的に10グラム以上はとっているそうで、普通なら意識的に増やす必要はないそうです。いずれにしても、飲み過ぎず・とりすぎずがよろしいようです。ほどほどが一番いいということです。ご自愛ください。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2011-07-28 18:38 | 住職日記

レクチャー・放射能   

2011年 07月 27日

 東日本大震災で事故をおこした福島第一原子力発電所の放射線漏れは、さまざまな形で影響を及ぼしています。最近では、放射線セシウムに汚染された牛の餌である稲わらの影響で、牛が出荷停止になっています。改めて放射能とは何なのか考えてみたいと思います。ヨウ素やセシウムは放射線を出し正しくは、放射性物質と言います。放射能とは、放射線を出す能力を言います。例えば、ホタルの放す光が放射線で、光を出す能力が放射能にあたります。あくまで例えばの話しですが、ホタルそのものは、放射性物質と言えます。何故放射線が怖いのか。それは、身体の細胞の遺伝子を壊すからです。私たちは、日ごろから放射線を浴びています。そんな環境のなか、身体は常に遺伝子を直そうと働いているのです。しかし、限度を超えてしまうと癌になってしまうのです。次に数値・単位ですが、放射線の量がシーベルトであり、放射能の強さをベクレルと言い表します。今一番心配されているのが、放射性物質を含んだ、水・野菜・魚・肉等々から、食べることにより体内に放射線を浴びることです。その中で最も放射能の数値が高いのが、牛肉だと言われているのです。また、大人より放射線の影響を受けやすい、子どもたちが心配されます。子どもたちのこれからの健康管理を、国をあげて長期にわたって取り組んでいかなければなりません。これは私たち大人の責任です。いずれにしても、1日も早く福島第一原子力発電所事故を収束させると同時に、放射線量を少なくし、善い環境に再生させることです。これには、相当な覚悟と勇気ある行動が必要です。聡明で賢明な日本人なら必ず出来うるはずです。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2011-07-27 15:04 | 住職日記

詐欺   

2011年 07月 26日

 最近詐欺に関する事件が頻発しています。今までよく聞かれたのが、振り込め詐欺でしたが、とうとうお寺の永代供養にまで、詐欺師は手を伸ばしてきました。世界遺産である高野山の名刹・持明院というお寺の永代供養の権利を売ると宣伝し、高齢者からお金を振り込ませるという手口です。被害金額は1億1千5百万円にものぼるそうです。このようにしてまで人を騙し、お金を奪い取るとは、世も末と言いましょうか悲しく、恐ろしく身震いがします。本当の詐欺師は詐欺師に見えない。騙された高齢者の方々は、有名な歴史のある寺院の永代供養であると宣伝され、聞かされれば、信用してしまうことは無理もありません。永代供養権と称して高齢者から、貴重な財産を騙し取った詐欺師たちは、必ず佛法の因果応報により、その罪の報いを受けることでしょう。逃げ切れたと思っても、佛さまは観ておられます。これからまた新しい詐欺の手口が、あらわれるかも知れません。おいしい話には必ずリスクがあり、嘘があるかも知れないと、まず疑いましょう。明日は我が身かも知れません。騙す方・騙される方も、双方共欲深いことがひとつの原因ではないでしょうか。佛法はそのことを教えてくれます。とにもかくにも今一番悲しんでおられるのは、佛さまです。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2011-07-26 17:19 | 住職日記

他愛のないこと   

2011年 07月 25日

 久し振りにレンタルDVD店へ行き、邦画・日本映画を借りました。借りたのは、宇宙戦艦ヤマト実写版です。思わず手が伸びてしまいました。宇宙戦艦ヤマトといえば、幼いころ、時間になればテレビの御前に鎮座在し、真剣に見たことでありました。あの感動をもう一度と、鑑賞したのですが、この度の宇宙戦艦ヤマト、期待外れも甚だしく、がっかりと落ち込んでしまいました。たしか上映前の評判というか、派手に宣伝し、いい加減な映画評論家なる者が、絶賛してたように思います。しかしながら、公開上映後は、人気がでなかったのか気がつけば終わってたように思います。宇宙戦艦ヤマトの初期のアニメーションを知らない世代が、この度の宇宙戦艦ヤマト実写版を見たら、何だ昔の人はこの程度のことで感動してたのかと、滑稽に思われるでしょう。とにかくスケールが小さく、脚本もダメ。出演者も豪華ではあるのに、個性がなくバラバラ。アニメのおいしいところの寄せ集め等々と結局のところ、監督に力量がなかったのです。日本映画の衰退はここまで来たのかいうのが、率直な気持ちです。映画作りはその国の勢いが、顕著に表れます。アメリカ映画をはじめ特に韓国・中国の映画を見れば、経済的にも右肩上がりであることがよくわかります。日本映画は作る側も、演じる役者も元気がないのです。しばらくは、レンタルDVD店に行っても邦画コーナーは素通りすることでしょう。勢いのある元気な国の映画を見て、英気を養います。甚だ他愛のないことでした。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2011-07-25 15:09 | 住職日記

おごり=悲しみ   

2011年 07月 24日

 やはりかと思う事故がありました。中国の最新の高速鉄道です。運転走行中に脱線事故をおこし多数の死傷者がでている模様です。中国の高速鉄道は以前から、安全面が問題視されていましたが、あまりにも多方面に渡って、急ぎすぎた結果ではなかろうかと思います。犠牲者がでてからでは、後悔しても遅すぎます。相も変わらず日本の政治が混沌としていますが、また政治家の資質が問われる発言がありました。海江田経済産業大臣は昨日テレビで、福島第一原子力発電所の事故収束に携わっている現場の作業員の方たちのことを、現場の人たちは、線量計をつけて入ると線量が上がって法律上働けなくなるから、線量計を置いて作業した人たちがたくさんいると。次に発した言葉に寒気がします。頑張ってくれた現場の人は尊いし、日本人が誇っていいと美談として称賛したのです。このように発した海江田大臣の言葉を、作業員の方々をはじめご家族の方々は、どんなに辛く受け止めたことでしょうか。このような政治家がいるからこそ、即原子力発電所を停止すべきだと思うのです。現状では、将来に危険を残すだけです。もうひとつ、今日からテレビはデジタル放送に完全移行しました。アナログは過去のものとなったのです。完全にデジタルになったテレビ番組ですが、どの番組自体も進化がなく、つまらなくおもしろくないものが多過ぎます。だらだら放送は止めてほしいのです。最近特に新聞のテレビ欄を見ただけで、興味を失ってしまいます。テレビから世の中を変えていく、そういう意気込みを発信してもらいたいものです。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2011-07-24 16:11 | 住職日記

アナログからデジタルへ   

2011年 07月 23日

 明日24日に、アナログ放送が終了します。地上デジタル放送・地デジに完全に移行するのです。ただし東日本大震災の被災地の岩手県・宮城県・福島県は除かれるそうです。それ以外の44都道府県で、アナログ放送が見れなくなります。デジタル放送はテレビの薄型化をはじめ、画面の美しさや大型化等々ある種の革命をもたらしました。そんななか小生の壇家さんには、いまだにブラウン管・アナログテレビを使い続けておられる方が、何軒かあります。正直言って、アナログ放送が終わりになり見れなくなることすら、知らない・理解できていない方もおられます。そもそも小生もそうですが、日ごろからニュース以外あまりテレビを見ない人もいるのです。しかしながらまわりくどい表現かも知れませんが、まったく見ないということでもないのです。特にご高齢の方は、テレビのニュース等の情報源は必要です。アナログ終了でテレビを見れなくなる言わば地デジ難民は少ないと言われていますが、一人暮らしの高齢者が、明日からテレビが見られなくなったら、なおいっそう生活が不安になることでしょう。そんなことを考えると、何も急いで明日でアナログ放送を終了させることはないと思います。デジタル好きもいれば、アナログがいいという人がいてもよいのではないでしょうか。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2011-07-23 15:58 | 住職日記

有終の美・シャトル   

2011年 07月 22日

 30年に及んだ米航空宇宙局・NASAのスペースシャトル・アトランティスが、無事に有終の美を飾りました。スペースシャトルといえば、月に初めて人類を送ったアポロ計画の後を受けての貨物宇宙船でした。なんと135回の打ち上げがあったそうで、16ヶ国の355人を運び続け、日本人も7人含まれるそうです。そんななか、悲しい事故もありました。2回の事故で14人が犠牲になりました。完璧な安全というのはないのです。また想像以上に経費がかかるのも問題でした。スペースシャトルが幕をおろしたのち、しばらく宇宙へ行けるのは、ロシアのソユーズ宇宙船のみとなりました。スペースシャトル計画が終了したことによって、5千人を超える人たちが解雇になったのです。とにもかくにもスペースシャトル計画は終わってしまったのです。今後宇宙計画は、民間企業によって推し進められることでしょう。宇宙は人類にとっては、まだまだ遠いものですが、夢あるかぎりひとつひとつ進歩していくことだと思います。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2011-07-22 14:43 | 住職日記