<   2011年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧   

出会い=ご縁=感謝   

2011年 06月 30日

 愛媛県今治市佛教会・越智佛教会の方々が合同視察研修旅行で、今日お昼頃バスにて当山順照寺に参拝されました。昨日は京都の浄土宗総本山知恩院を参拝研修され、今日愛媛県へ帰途中に高速道路が事故渋滞のなか、神戸に寄られました。阪神・淡路大震災で被災した寺院の取り組み等々についてお話ということでしたが、恥ずかしながら思うがままに、諸先輩方にお話させていただいたようなことでごさいました。たわいもない自らの大震災の経験・思いを素直にお話したにもかかわらず、熱心に小生の話を聞いていただき恐縮してしまいました。大変申し訳なく、お恥ずかしいことで反省しきりです。わずか1時間ほどのお出会いではありましたが、同じお寺どおしということもあったのでしょうか、また小生も四国とは縁が深く、そのためか、初めてお会いしたようには思えない雰囲気で、親しく歓談させていただきました。このようなご縁をいただき、今治市越智佛教会の方々には深謝せずにはおれません。ご無事にご自坊に帰られますことを、祈念しております。またいつかお会いできますことを願っております。本当に貴重なご縁をいただき、重ねて厚く御礼申しあげます。ありがとうごさいました。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2011-06-30 16:58 | 住職日記

平成23年度 順照寺 キッズサンガ・地蔵盆   

2011年 06月 29日

d0184114_1725495.jpg【キッズサンガ】
■日 時 : 平成23年8月23日(火)
      午後5時より

■場 所 : 慈光山 順照寺本堂

■イベント : 順照寺あめ細工
      馬場みのり
      《入 場 無 料》

キッズサンガとは、「子ども達の(仏教徒の)集い」という意味です。
地蔵盆にちなんで、阿弥陀さまとのご縁づくりのために毎年開催しております。
本堂に上がってもらって、いっしょに阿弥陀さまに手を合わせることでたとえ一人でも二人でも、「安心して過ごせる場所=居場所」として気楽にお寺に出入りしてもらえるようになることを願っています。

これからも学校では学べない勉強以外の大切なこと、命の尊さなどを伝えていきたいとの思いを込め、平成23年度も開催いたします。


【地域の地蔵盆】
■日 時 : 平成23年8月23日(火)
■時 間:午後6時頃より

ご家族そろってご参加くさだい。


※2011年8月23日の住職ブログ「キッズサンガ=地蔵盆」に当日の詳細をアップしました。
 ぜひご覧下さい。
↓↓↓
http://junshoji.exblog.jp/14407495/

※順照寺ホームページには当日の写真もアップしております。
 こちらも併せてご覧下さい。
 ↓↓↓
http://www.junshoji.jp/h23/20110823

by junshoji | 2011-06-29 21:03 | 過去の行事

猛暑   

2011年 06月 29日

 ここ2.3日梅雨明けを思わせるような晴天が、続いています。今日も気温は朝からぐんぐん上がり、神戸でも最高気温は、ゆうに30度は超えているでしょう。まだ6月下旬です。これから長い夏になりそうです。それに合わせてか、また節電のPRもあってか、扇風機が、あちこちの大型電気店でも品薄状態になっているそうです。無理をせず、エアコン・扇風機を上手く使いこなし、この夏を乗り切りましょう。特にご高齢の方々は節電よりも、まず我が命を大切にしてもらいたいものです。熱中症にならないよう、エアコンを使うべきです。そんななか、相も変わらず政治はゴタゴタしており、政治家に対する国民の信頼は、より落ち込むばかりです。昨日の民主党両院議員総会も、政治家の集まりとは思えない光景でした。幼すぎます。政治家らしく見えないのです。東日本大震災の復興対策本部も、まったく動きが見えず、もたもたしているだけです。いつまでこのような状態が続くのでしょうか。国民は猛暑にも耐えています。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2011-06-29 17:39 | 住職日記

研修会   

2011年 06月 28日

 本日午後1時半より、姫路のホテル日航姫路で、本願寺兵庫教区組長(そちょう)・副組長・組相談員合同研修会が、開催されます。小生今年度1年間、組長の命を受け、副組長として、この度の研修会に参加させていただくことになりました。日頃は恥ずかしながら自己研鑽することもなく、自ら研修会に出かけることは最近少なかったのですが、今日は貴重なご縁をいただいたと感謝しております。緊張感を持って、諸先輩方のお話をじっくりお聴かせいただこうと思っております。これから我々佛教徒・浄土真宗は、今の世の中にどのように対応し親鸞聖人のお示しいただいたみ教えをいかに伝え、布教していかなければならないか、諸先輩方の教えを拝聴し、自らに問うていきたいと思っています。生きていることが、すべて学びの場でもあります。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2011-06-28 10:52 | 住職日記

浄土=世界遺産   

2011年 06月 27日

 ユネスコ世界遺産委員会は先日16件目となる、小笠原諸島を世界遺産に登録しましたが、26日には、岩手県の平泉を世界文化遺産に登録することが決まりました。国内12番目の文化遺産になるそうです。中尊寺の山田俊和貫首のお言葉が、東日本大震災の被災地に響きます。「被災された方々に浄土の風が吹き、希望の光となれるようさらに努力したい。」と申されました。有り難いお言葉です。先人の方々が身を粉にして守ってこられた、中尊寺のお浄土が今に受け継がれ、これから被災地の復興・再生の灯火となることでしょう。佛教のお浄土が、世界の人々に認められたのです。大変喜ばしいことであります。復興・再生を糧に、次の世代にもお浄土を残し、伝えていかなければなりません。岩手県を越えて日本中で、お浄土=中尊寺を守っていくよう、我々も努力しなければなりません。このご縁を大切に守り続けましょう。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2011-06-27 17:30 | 住職日記

永代経法要   

2011年 06月 26日

 梅雨の最中、今日平成23年度の慈光山順照寺永代経法要を勤めました。蒸し暑いなか、総勢60人ほどの方々にお参りいただきました。今は亡き身近な方々を思い出し、また東日本大震災で亡くなられた犠牲者の方々をも偲びながら、参拝者一同共に阿弥陀経をお勤めさせていただきました。その後、本願寺布教使の鷲尾先生のご法話。中央佛教学院の通信教育で学んでおられる、総代の池本さんの布教実演。この度初当選された県会議員の伊藤先生のごあいさつ。そして小生住職の話。最後に恒例のイベントと、終わったのは4時半頃でした。参拝者の皆さんと半日、有意義な時間を過ごすことができました。これひとえに、阿弥陀佛・阿弥陀佛如来さまのお徳をいただいているお陰であります。参拝者の皆さんありがとうございました。今日のブログも何とか書けました。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

※順照寺ホームページには当日の写真もアップしております。
 こちらも併せてご覧下さい。
↓↓↓
http://www.junshoji.jp/h23/20110626

by junshoji | 2011-06-26 22:53 | 住職日記

蒸し暑い   

2011年 06月 25日

 朝から梅雨明けかなと思わせるほどの晴天ですが、昨日から蒸し暑く気温も真夏並みです。6月の末にこんなに蒸し暑く、気温が高いのは初めてです。昨日、埼玉県の熊谷市ではなんと39.8度。想像を絶します。西日本でもあちこちで35度を越えています。少々暑くなるのが、早すぎるのではないでしょうか。とにかく日中の暑さはこたえます。東日本大震災の被災地のことを思うと気の毒でなりません。未だ体育館で避難生活をされている方々がたくさんおられます。もちろん体育館には、エアコンなどありません。窓からは直射日光が差し込み、窓を開け風通しをよくしても、体育館内の気温は下がることはないでしょう。すぐさま県外の涼しいところへ避難してもらうべきです。今耐え忍んでいても、後になって必ず疲れが残り溜まります。やっと復興大臣が決まりましたが、東京にいるのではなく、東北地方に常駐し、必要なことは即実行し、大臣らしく指揮を執るべきです。今年も長い夏になることでしょう。節電も大事ですが、暑い時は、十分に水分を摂取し、睡眠は体力回復につながります。エアコンをうまく使いこなしましょう。どうぞ皆さんご自愛ください。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2011-06-25 16:47 | 住職日記

沖縄   

2011年 06月 24日

 6月23日は沖縄の全戦没者追悼の日です。66年前に沖縄は戦場とかし、多くの沖縄県民の方々が、命を失い犠牲になりました。昨日は、沖縄県各地で戦場で亡くなった犠牲者を追悼する儀式が執り行われました。戦場で生き残った方々は、家族・子や孫を連れて追悼式に臨まれ、犠牲者の方々を思い出し偲びながら、合掌しておられるお姿は印象的でした。手を合わせ合掌するお姿には、戦争を二度と繰り返してはいけないという、強いメッセージが込められています。そして、戦争を知らない子や孫たちに、その当時の悲惨さを涙を流しながらお話されているお姿には、本当に心が痛みます。またそのお話を一生懸命聴いている子や孫たちは、これからも確実に遺伝子レベルで記憶に留めて、後世に伝えていくことでしょう。人間とは、愚かなものです。戦争は長い歴史を見ても、常に繰り返しています。沖縄の悲惨さを学ぶことが、戦争をしない、してはいけないという教えに繋がっていくことと思います。今沖縄県民の皆さんには、米軍基地等のさまざまな負担と危険が隣り合わせの中で、日々の生活があるのです。今なお私達の犠牲になっているのです。1日も早く穏やかな平和な沖縄に戻られることを、切に願います。一人ひとりが願い続けましょう。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2011-06-24 15:50 | 住職日記

関心事   

2011年 06月 23日

 小生のブログを見られた方から、最近は政治のことばかりですねというご意見をいただきました。小生のようなたわいもないブログを見ていただいたその上に、ご意見まで頂戴するなんて大変有り難いことです。確かに最近は政治のことばかり。素人が偉そうなことばかり言って、ほんと恥ずかしいことです。私達は選挙によって国会議員を選び、私達の代表者として国政に送っているのです。その国会議員の言動・行動に関心を持ち監視するのが、選挙で選んだ私達の仕事でもあります。それが今システムとして動いていないからこそ、政治のゴタゴタ、仕事をしない国会議員がぞくぞくと発生しているのです。今の政治家の体たらくは、私達国民にも責任があるのです。若い世代の中には、今のトップリーダー・総理大臣は誰ですかと問うても、菅総理と答えられない人たちがいます。つまり、関心がないのです。昨今の政治の混乱を、何か他人事のようで関係ないという受け取り方です。これでは、一向に日本の国は善くなりません。そのためには、幼い頃からの人を育てる教育が必要であり、大事になってくるのです。大変失礼ながら今の政治家・国会議員は、私利私欲の勝手なやりたい放題です。身を粉にして働こうという意識すら感じ取られません。今日も結局政治と人の悪口になってしまいました。重ね重ねお恥ずかしいことです。本当は小生自身がチェンジ・変革しなければならないのです。人に責任を押しつけてはいけません。小生自身が変わらなければならないのです。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2011-06-23 15:58 | 住職日記

奉仕   

2011年 06月 22日

 夏至の今日、雨も降らず朝から蒸し暑い1日でした。今月26日(日曜日)午後1時半より、毎年恒例の永代経法要が営まれます。その準備のため、佛教婦人会の方々が午前10時頃から、清掃準備等おみがき奉仕をしていただきました。皆さんお忙しいなか、またご高齢にもかかわらず、汗をかきながらのおみがき奉仕でした。法要準備は住職・坊守だけでは、十分にできるものではありません。婦人会の方々が身を粉にして、永代経法要に少しでも参拝者に気持ちよく、お参りしていただこうとご奉仕してくださったのです。本当に頭が下がります。見返りを求めない真心のこもったご奉仕であり、まさに布施行に値します。だからこそ、周りの人たちが自然に頭が下がるのです。なかなかできそうで、できないことであります。当山順照寺の婦人会の方々は、普段から明るくお元気で、これは阿弥陀佛・阿弥陀如来さまのお徳を、直々にいただいておられるからでしょう。日々のお念佛の声のあるお暮らしが、お身体には善い薬となっていることは間違いありません。婦人会の皆さん本当に蒸し暑いなか、ご苦労さまでした。ありがとうございました。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2011-06-22 18:12 | 住職日記