2011年 06月 01日 ( 1 )   

日本の信用度も格下げ   

2011年 06月 01日

 早いもので今日から6月。梅雨の中気温も少し低めです。ムーディーズ・インベスターズ・サービスというアメリカの格付け会社が、日本政府の財政再建戦略が脆弱であるとし、日本の国債を格下げするというニュースがありました。今中国、韓国よりランクは上位ですが、同等もしくはそれ以下になるそうです。致し方ないことだと思います。むしろ今までの位置付けが甘かったようにも思います。これは、まず900兆円を超える国の借金があることが、原因のひとつではあるでしょう。またこの度の東日本大震災の影響もあり、ますます経済状況の悪化が大きな要因になっているのも間違いないと思います。しかし、それ以上に政治の混乱、政治家の幼稚さ、トップリーダー菅総理の手腕のなさ等々により、世界から信用されなくなったのです。今回の日本の国債格下げは、日本国としての、格下げ信用低下そのものです。一度下がった信用を取り戻すには、それ相当の覚悟と行動力と時間が必要です。単なる一会社のランク付けと甘く見ない方がいいのではないかと思います。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2011-06-01 16:33 | 住職日記