2011年 03月 29日 ( 1 )   

日々深刻化する原発事故   

2011年 03月 29日

 枝野官房長官が福島第一原子力発電所の事態は深刻であるという発言がありました。毎日のように放射線量が高いや低いや、また安全基準の何倍の濃度の放射線物質が出たとか、健康被害があるとかないとか、情報が私達には正確に伝わらず現状では、不信・不安が増すばかりです。懸命な復旧作業も24時間体制で続けられていますが放水のため汚染された水が漏れ出し、海へ流れる恐れもあるそうです。絶対に避けなければなりません。現実的には手詰まり状態なのでしょうか。今即すべきことは、正確でわかりやすい情報管理開示をしていくこと。そして非常事態宣言を発し、世界中からあらゆる知恵を集め振り絞り、一刻も早く事態を収束していくべきです。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2011-03-29 16:35 | 住職日記