あれから23年   

2018年 01月 17日

 あの阪神・淡路大震災からはや23年になります。今日は久しぶりに朝から雨が降り続きましたが気温は高く暖かい一日でした。
そんななか、神戸市佛教連合会では、毎年1月17日に阪神・淡路大震災物故者追悼法要をお勤めしております。今年は小生の大先輩である中央区のお寺で営まれました。各区佛教会の皆さんをはじめ有縁の方々がご参拝されました。
小生、副会長として開会の辞を述べさせていただきました。そのなかでお話しさせていただいたことでありますが、今神戸市民の約半数はあの大震災のことを知らないのです。
今こそ、あの大震災で無念にも亡くなれた方々の想いを知り、偲びながら、これからもあの大震災の被災者の一人として、語り継いでゆく。そして、この私は今、何のためにこの世に生まれ生き生かされているのかを考え、気づかしていただく法要になればと願っておりました。
皆さんお疲れさまでした。ありがとうございました。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_21485426.jpeg

by junshoji | 2018-01-17 21:47 | 住職日記

<< 話し相手      暖かい >>