お客様第一に   

2017年 11月 12日

 ある新聞によりますと、安倍晋三総理大臣のもとで行われたアベノミクスによる円安傾向等の影響によって日本の大企業は、過去最高の利益を得て、その儲けは会社の預金や株主への配当に当てられ、社員の給与には回らない・還元されていないそうです。
大企業が抱える現金と預貯金は、何と211兆円にもなるそうです。
世界のトヨタと言われるトヨタ自動車は、自由に使える資金を今では、これまた何と9兆円を超えているそうです。
現金・預貯金だけが増えて、働き手の人件費は横ばいとなっているのが現状です。当然、私たち消費者にも安くなるよう還元されていないのです。
小生、浅はかな考えでありますが、利益が出たらまず第一に株主配当・預金ではなく、御社のために一生懸命働いておられる社員に還す・給料アップすべきではないでしょうか。
そして、同時に、少しでも安く車が買えるように消費者・お客様のために値段を下げるへぎだと思います。これが大企業・一流企業のすべき考え・行動ではないかと思うのですが。最近起こっている大企業の不祥事はトップリーダー・経営者の考え方が一因していると思えてなりません。
まず社員、次にお客様。そして、その次に株主配当・預金であると信じています。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝
d0184114_10105031.jpeg

by junshoji | 2017-11-12 22:09 | 住職日記

<< 今季一番の寒さ      北風 >>