有り難いお言葉   

2017年 04月 13日

 日中は暖かくなりましたが、朝晩は寒く、いつまで不安定な寒暖差が続くのでしょうか。今日はご縁あって、先日の春の彼岸会法要にお参りくださったお方から、お寺に対して何かメッセージはないかとお話を伺う機会を得ました。そのお方は、以前から佛縁はありましたが、お寺、ましてや彼岸会法要にお参りしたのは初めてだったそうです。ある場で初めて出遇い、いろいろお話させていただくなかで、是非一度お寺にお参りくださいとお願いすると、こころよくお受けくださいました。そこで今日お忙しいなか、やっと初めてお寺にお参りしたご感想をお聞かせいただくことができたのです。そのお話のなかで、お若い方々にはなかなかお寺と接する機会・ご縁がないことに気づかされました。住職・お寺自身もそのことはよくわかっているつもりでした。お寺にお参りくださる方はほとんど高齢者ばかりです。何とかお若い方々にもお参りいただくご縁作りはできないだろうかと常々考えてはおりました。そのためにいろいろなイベントも行って来ました。しかしながら、なかなかその思いは伝わりませんでした。これからはもっと積極的にお若い方々にも伝わる言葉で、お寺をアピールしなければならないと気づかされました。その他幅広い貴重なご意見に感謝申しあげます。ありがとうございました。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝
d0184114_01282858.jpg

by junshoji | 2017-04-13 22:27 | 住職日記

<< あれから一年      散りゆく花 >>