佛さまはほんとにいるの   

2017年 02月 04日

 寒さも緩み穏やかな一日でした。今日ご法事を営んだお家で、読経の後お茶をいただきながら、故人の奥さまが「住職さんほんとに佛さまっておられるんですか」と言われました。「人間は死んだらそれまで。終わりやと思いますが」とも言われました。小生、素直な疑問に感銘を受けました。なかなかこんなことは聞けないものです。そんなことはわかってる。そんなこと聞くのは恥ずかしい等々。小生は、はっきりと申し述べさしていただきました。「はい。佛さまはおられます」。「佛さまは人間死んだら決して終わりにさせないという願いをお持ちなのです」。「本当に大切なもの=佛さまの姿は私たちには観えないのです」。「観ることができないからこそ、南无阿弥陀佛となって現れてくださっているのです」。「このことをお説きになったのがお釈迦さまで、そのことが間違いないとはっきり言われたのが、親鸞聖人なのです」。
法事は故人を偲びながら、佛さまのお話しをする場・聴く場であります。そのことを改めて教えてくださいました。有り難い佛さまからのご縁であります。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝
d0184114_22144032.jpg


by junshoji | 2017-02-04 22:14 | 住職日記

<< IM      節分 >>