善は急げ   

2017年 01月 03日

 穏やかなお正月三が日となりました。日中はポカポカ陽気でした。今日の新聞の広告に『善は急げ』と大きく書かれていました。初売りの広告でした。『善いことはためらわずにすぐに行え』という意味だと思います。この『善』ですが、小生の姓の善本は珍しいとよく言われますが、この『善』お寺の名前によく使われています。例えば善通寺・善福寺・善照寺等々。諸説ありますが、善の文字の成り立ちは、羊が喜ぶという意味でないかと思っています。昔中国では羊は人間に役立つ貴重で大事な生き物だったのでしょう。すなわち、縁起が善いと云えるでしょう。羊が大きいと美しいという字になります。文字は体を表すと云えます。
佛さまからいただくご縁は善いご縁であります。そう素直に感じ取り『南无阿弥陀佛』とお念佛の声が出れば、それは必ず善き御利益となって返ってくるでしょう。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝
d0184114_08081534.jpg


by junshoji | 2017-01-03 22:07 | 住職日記

<< 仕事始め      初夢 >>