葬儀   

2016年 12月 03日

 坊守の母の葬儀が執り行われました。丹波篠山でも最近では葬儀会館があちこちにできています。10年ほど前では家庭で葬儀が行われ、その際、隣保・ご近所の方々が総出でお手伝いされていました。また、土葬でありました。それが市営の斎場が建設され土葬がなくなりました。ここ数年の間に丹波篠山でも都会並の葬儀スタイルが定着しつつあります。葬儀会館のスタッフにお聞きすると、家族葬も増えてきているそうです。
そんな状況下ではありますが、今日の葬儀は有縁の方々が大勢お参りに来られました。本来の葬儀の在り方を考えさせられる有り難い佛縁でありました。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝
d0184114_22410412.jpg


by junshoji | 2016-12-03 22:39 | 住職日記

<< 手相      重なる >>