先送り解散・総選挙   

2014年 11月 19日

 安倍晋三総理大臣が昨日記者会見を開き、今月21日に衆議院を解散し、12月2日に公示し、14日に投開票を行うと発表しました。
そして、消費税増税は、1年半先送りして、2017年4月に増税することを確約すると言っています。
消費税増税を先送りしても必ずしも良い結果が出るとは思えません。
いつまで重大な事案を先送りし続けるでしょうか。
後世に負担が増加するばかりであります。
また、財政再建や社会保障費はどうするのか。
難問山積のなか、今回の総選挙は、大きなビジョンが見当たりません。
何故かしっくりこない、無駄使い総選挙であります。
それに、年末の総選挙は、投票率が下がる懸念があります。
投票率が低くなれば、それは民意ではありません。
しかしながら、決まったことはもう変えられません。
私たちが選出した国会議員の先生方が決めたことですから。
公示後は、出馬した候補者をよく見定め、必ず選挙に行くことです。
選挙に行くことが社会を変える第一歩なのです。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2014-11-19 23:36 | 住職日記

<< 写経の会      不器用な男ですから >>