増税   

2011年 06月 19日

 この時期は、いろいろな税金等を納めます。国民年金、国民健康保険、県民・市民税等々。じわじわと毎年納める金額が、増額されているように感じます。。特に今年国民健康保険は目に見えて、去年より高くなっています。そんななか、昨日東日本大震災の復興構想会議が、第一次提言案の内容を明らかにしました。退陣表明をしている菅総理の下で、これからどう決断し実行するのか不安感を拭えません。復興構想会議はまず、増税ありきです。日本再生・復興ビジョンが大きく掲げられていないままでの増税策は、納得できません。確かに復興にはお金が必要です。灯火・目標のないままでは、増税は仕方なしと云えども、現状ではどういう税金にするのか曖昧で、本当に大丈夫なのかと不安になります。不安を残したままの増税策は、世の中が乱れる原因になります。私達の出す税金が、いかに有効に大震災の復興に使われていくか、わかりやすく示すべきです。そのためには、福島第一原子力発電所の事故収束を、今後具体的にどうしていくのか。放射線の恐怖・不安は、今や日本全国に広がっています。当然脱原子力でなければなりません。近々退陣する菅総理の下では、復興構想会議の提言案は何もかもが不透明に見えてしまい、新鮮さがなく、国民にはなかなか理解しにくいうえ、受け入れ難いでしょう。まず、もっと大きなビジョンを掲げ、夢のある日本再生・復興プランをわかりやすく示すべきだと思います。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2011-06-19 18:25 | 住職日記

<< 脱原発=日本再生・復興      あれから百ヶ日 >>