迷走国日本   

2011年 06月 05日

 日本の総理大臣・首相がまた替わることが決まりました。ここ何年か毎年のように、総理大臣が替わっています。最高権力のたらい回しです。どんな組織の長でも、一年ぐらいで何が出来るでしょうか。この度の東日本大震災に発して日本の危機・国難の今この時期に、トップリーダーである総理大臣を替えるなんて、そんな許される時間があるはずがありません。あまりにも呑気過ぎます。菅総理の退陣時期がいつであろうと、辞めてしまう今の菅総理に、何が決められ実行されるのでしょうか。辞める総理大臣に誰が信頼しついて行けるのでしょうか。今の菅総理には、もう何も即決断・即実行出来ないのです。このツケ、しわ寄せは、また大きなものになることでしょう。マスコミ・新聞報道各社は、菅総理の退陣表明はよかったと報じていますが、小生は決してそうは思いません。これから政治のゴタゴタは、次期総理大臣選出をめぐり、権力争いが露骨に表れてくることでしょう。本当にこれからの日本再生・復興はどうなるのか。何よりも東日本大震災の被災地の復旧、福島第一原子力発電所事故の事態収束が遅れてしまうことが心配です。日本は、今無政府状態と同じです。この混乱の中で、いろんな悪条件が重なり、しばらくは悪い事件、事故等が続くでしょう。今までにない日本の危機であることは、間違いありません。この現状をしょってこれから生きていく若い人たちが、かわいそうでなりません。「世のなか安穏なれ。」親鸞聖人のお言葉がひしひしと重く感じられます。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2011-06-05 16:17 | 住職日記

<< 記憶      孤独 >>