孤独   

2011年 06月 04日

 今朝から蒸し暑く気温も高くなりました。衣替えをそろそろ本格的にしようかと思いながら、何でも先送りの癖が抜けきりません。菅総理が内閣不信任案を受けて否決はされたものの、一定の目処がついたら若い世代に引き継ぐという発言が、いろいろな憶測を呼び、後の権力を求めて与党・野党の政治家さん達は、右往左往し混乱しているようです。日本語ほど曖昧(あいまい)な表現、言葉使いが多い言語はないでしょう。一定という言葉も、実に幅広く曖昧です。言うなれば、長いのか、短いのかどのようにも解釈できるということです。菅総理の今の立場・心境を推し量ると、何とも言えない孤独感にさいなまれていることでしょう。総理大臣といえばあらゆる権力が集中し、最高権力者ですが、 何事においても最終決断は、一人でしなければなりません。本当にこれでよかったのだろうか。決断のその時、孤独感を味わうものです。トップリーダーの宿命でもあるでしょう。小生も住職という立場上、偉そうに言うつもりはありませんが、何となくわかるような気がします。今与えられた立場・環境から逃げることなく、世のため、人のために少しでも役にたてるよう自分なりに考え、実践・行動しようと思うことであります。与えられた命・寿命が来るまで後悔なく生きていこうと思います。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2011-06-04 18:27 | 住職日記

<< 迷走国日本      大義名分のない行動 >>