党首討論と内閣不信任案   

2011年 06月 02日

 菅総理と谷垣自民党総裁、山口公明党代表との2回目の党首討論が昨日ありました。まずいつも思うことですが、何故午後3時から行うのでしょうか。国民が仕事も終えて、家族、仲間たちと一緒に見れる、聞ける時間帯に党首討論を行うべきです。そんなことを考えると午後8時頃がいいのではないかと思います。国民にビジョンを伝える党首討論であってほしいものです。毎回そうですが、この度の党首討論も期待はずれでした。谷垣自民党総裁もただ菅総理に辞めよと言うだけ。後はどうするのか、まったく具体的な話しはなかったように思います。また党首討論中の野次は、下品極まりない悪態です。人の話しをろくに聞けない国会議員は即辞任させるべきです。何ら手本になることはありません。今日午後1時から内閣不信任決議案の審議が、衆議院で開かれます。このような日本国の危機・国難の時に内閣不信任案を出す自民党・公明党もおかしく、民主党に至っては、内閣の副大臣・政務官等々が内閣不信任案に賛成するため辞任したとか。この人たちは今まで何をしてきたのか。自分自身のことだけを考え、守ることだけしかできないのです。国会議員の資質などまったく供えていません。何故こんな体たらくな国会議員ばかりいるのでしょうか。本当に情けなく思います。今日の内閣不信任決議案提出は、時間のムダであり、それだけ大震災の復興が遅れるのです。少々感情的になり、言葉足らず・ご無礼をお許しください。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2011-06-02 12:57 | 住職日記

<< 大義名分のない行動      日本の信用度も格下げ >>